2018年07月07日 12:00

創業5年で売上95億円!中古不動産市場をITで革新することを目指す「GAテクノロジーズ」が新規上場

今回は7月25日に上場予定の「GAテクノロジーズ」について取り上げたいと思います。

GAテクノロジーは「リーテック市場」の対象となる中古不動産のポータルサービスを運営しています。

リーテック(ReTech)とはリアルエステート(不動産)とテクノロジーを掛け合わせた造語で、アメリカから始まり世界45ヶ国に1,300以上のサービスが存在すると言われています。

ホームページより

創業者の樋口龍氏は1982年、東京出身。

小学校からサッカーをはじめ、サッカーの名門帝京高校を卒業。

Jリーグに加盟している「ジェフユナイテッド市原・千葉」に育成選手として5年間所属しました。

育成選手ではお金がもらえないため、アルバイトをしながらプロを目指していましたが、23歳で断念。

その時にソフトバンクの孫正義氏の「志高く」という本に出会いました。

サッカーに一筋だった樋口氏は、ビジネスの世界に対してあまり良いイメージはなかったものの、ビジネスの世界でも死ぬ気で頑張っている人がいることを知って衝撃を受けたそうです。

2007年に中堅不動産デベロッパーに入社し、徹底した努力を重ね、7ヶ月でトップセールスマンになります。

サッカー選手時代から「世界を目指す」ことを決めていた樋口氏は2013年に起業を決意。

2013年、アナログな不動産業界にテクノロジーで革命を起こすことを目指し、(株)GAテクノロジーズを設立しました。

日本の中古不動産市場は世界と比べて、割合が小さいことに可能性があると着目。

業者と消費者の情報格差が原因であると考え、2016年に情報格差を埋めるためのサービスRenosy(リノシー)をリリース。

2017年にはチャットで気軽に相談できる、不動産投資アプリも開始。

2018年6月20日に東証マザーズへの上場承認されました。


それでは「GAテクノロジーズ」の業績推移を見てみましょう。

売上高は2013/10期では1億7,901万円でしたが、2017/10期には95億5,760万円まで拡大。

5年間で売上が53倍となっており、ものすごい勢いで急成長を遂げています。

ここ5年間で急成長を遂げた、GAテクノロジーズとは一体どのような会社なのでしょうか?


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
GA technologies
2018年01月19日 14:40

創業20年で売上3000億円!「東京に、家を持とう。」をコピーに不動産事業を展開するオープンハウス

オープンハウスが展開する事業
財政状態と企業価値(EV)
キャッシュフロー
今後の展望:中期経営計画「Hop Step 5000」とは

「東京に、家を持とう。」をキャッチコピーに不動産事業を展開する「オープンハウス」について取り上げます。

創業者の荒井正昭氏は1965年に群馬県の生まれた方で、若い頃は司法書士を目指していました。

2018年03月05日 09:14

6期連続で過去最高の売上を達成!統一ブランドにより多様な事業展開を図る不動産インターネット企業「LIFULL」

LIFULLの事業
財政状況と企業価値(EV)
キャッシュフローの状況
LIFULLの今後の戦略

今回は、国内のインターネット企業「LIFULL」についてまとめます。


1995年に「ネクストホーム」として創業し、2年後に「(株)ネクスト」として法人化。

2018年05月01日 20:17

更地活用から賃貸管理まで一貫してお任せ!賃貸不動産仲介の最大手「大東建託」のビジネスモデル

「土地の有効活用」をオーナーに一括で提供
財務状況
キャッシュフローの状況
大東建託の経営環境と経営方針

今回は、「いい部屋ネットで探そう」のCMでおなじみ、大東建託についてまとめてみたいと思います。

大東建託は1974年に名古屋市で「大東産業株式会社」として設立されました。

2018年05月29日 09:21

経常利益率47%!投資に特化した不動産ポータルサイト「楽待」を運営するファーストロジック

投資用不動産マッチングサイト「楽待」
サービスの状況
財政状態

今回は、投資用不動産マッチングサイト「楽待」を手がけるファーストロジックについて改めてまとめたいと思います。


代表の坂口直大氏は、システム開発会社でSEとして働いていた頃、「SE35歳定年説」を現実として感じたことから、「大家」業に注目。

2018年07月01日 12:00

不動産業界初、仮想通貨を発行!投資用不動産の販売で成長を続ける「シノケングループ」とは

シノケングループのフロー+ストックビジネス
財務状況:営業キャッシュフローは黒字化
国内事業の新たな一手!不動産ファンドを設立

投資用不動産の販売を行うシノケングループについて見ていきたいと思います。

ホームページより