創業5年で売上95億円!中古不動産市場をITで革新することを目指す「GAテクノロジーズ」が新規上場

2018年07月07日

今回は7月25日に上場予定の「GAテクノロジーズ」について取り上げたいと思います。

GAテクノロジーは「リーテック市場」の対象となる中古不動産のポータルサービスを運営しています。

リーテック(ReTech)とはリアルエステート(不動産)とテクノロジーを掛け合わせた造語で、アメリカから始まり世界45ヶ国に1,300以上のサービスが存在すると言われています。

ホームページより

創業者の樋口龍氏は1982年、東京出身。

小学校からサッカーをはじめ、サッカーの名門帝京高校を卒業。

Jリーグに加盟している「ジェフユナイテッド市原・千葉」に育成選手として5年間所属しました。

育成選手ではお金がもらえないため、アルバイトをしながらプロを目指していましたが、23歳で断念。

その時にソフトバンクの孫正義氏の「志高く」という本に出会いました。

サッカーに一筋だった樋口氏は、ビジネスの世界に対してあまり良いイメージはなかったものの、ビジネスの世界でも死ぬ気で頑張っている人がいることを知って衝撃を受けたそうです。

2007年に中堅不動産デベロッパーに入社し、徹底した努力を重ね、7ヶ月でトップセールスマンになります。

サッカー選手時代から「世界を目指す」ことを決めていた樋口氏は2013年に起業を決意。

2013年、アナログな不動産業界にテクノロジーで革命を起こすことを目指し、(株)GAテクノロジーズを設立しました。

日本の中古不動産市場は世界と比べて、割合が小さいことに可能性があると着目。

業者と消費者の情報格差が原因であると考え、2016年に情報格差を埋めるためのサービスRenosy(リノシー)をリリース。

2017年にはチャットで気軽に相談できる、不動産投資アプリも開始。

2018年6月20日に東証マザーズへの上場承認されました。


それでは「GAテクノロジーズ」の業績推移を見てみましょう。

売上高は2013/10期では1億7,901万円でしたが、2017/10期には95億5,760万円まで拡大。

5年間で売上が53倍となっており、ものすごい勢いで急成長を遂げています。

ここ5年間で急成長を遂げた、GAテクノロジーズとは一体どのような会社なのでしょうか?


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
GA technologies