【必見】創業わずか3年で中国3位に!テンセント経済圏で爆発成長するソーシャルEC「拼多多」がIPO

今回は、中国のEコマースサイトを展開する「拼多多(ピンドォドォ)」についてまとめたいと思います。

拼多多は2015年9月に設立された新しい企業ですが、唯品会(Vipshop)や蘇寧(Suning)などのプレイヤーを抜き去り、淘宝(Taobao)と京東(JD.com)に次ぐ中国第3位の規模にまで成長しています。

大きな特徴は、「WeChatとの連携」「ソーシャルショッピング(共同購入)」「格安さ」の三つ。

そんな拼多多を運営する「Walnut Street Group」が登録届出書を提出し、米国で上場する予定であることが分かりました。

企業サイトより)

サービス開始からの流れ

拼多多は上海に拠点を置いています。

設立から1年後の2016年9月にはユーザー数が1億人を突破し、1.1億ドルの資金調達に成功。

2017年9月にはユーザー数が2億人を突破。

2018年4月の資金調達では、テンセントやセコイアキャピタルから総額10億ドルの資金調達を受けており、評価額は150億ドルほどに達しました。


現在、5,000人あまりの従業員が在籍し、そのうち80%以上は中国の名門大学出身者。

世界コンピューター選手権のチャンピオンや海外博士号を取得したメンバーなど、多様で優秀な人材を抱えています。


創立者で現在もCEOである黄峥(Zheng Huang, 英語名:Colin Huang) 氏は杭州出身の連続起業家です。

この続きを見るには
(4322文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
最新決算ダイジェスト!「Baidu」「Xiaomi」ら中国インターネット企業7社

最新決算ダイジェスト!「Baidu」「Xiaomi」ら中国インターネット企業7社

今週は多くの中国インターネット企業が最新決算を発表しました。7社をピックアップしてダイジェストでお届けします。

Baidu:四半期で営業赤字に転落

アクティブ購入者数は4.4億人に増加!「拼多多」2019年1Q決算

アクティブ購入者数は4.4億人に増加!「拼多多」2019年1Q決算

中国で爆速成長を遂げるソーシャルEC「拼多多」(ティッカーシンボル:PDD)が2019年1Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード