韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

2018年07月16日 20:00

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

先日、インテリジェントウェイブという企業の記事を書きました。

インテリジェントウェイブは日本国内のカード会社向けのシステム開発会社ということで、キャッシュレス市場について少し調べました。

その際に知ったことなのですが、韓国のキャッシュレス決済比率が89.1%と、非常に高いことにとても驚きました。

キャシュレスビジョン 経済産業省)

韓国が89.1%とダントツで高いのに対して日本は18.4%と、70%もの開きがあることがわかります。

半分を超えているのは5位のオーストラリアまで。よく話題にのぼる通り、中国も60%と高いですね。


というわけで今回は、韓国のキャッシュレス化がなぜここまで進んでいるのかについて調べてみたいと思います。

調べてみると、そこには社会的・歴史的な背景がありました。


決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで

まずは決済の歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。

① 物々交換の頃(〜紀元前7世紀)

人類の決済(というか、取引)は、物々交換から始まったとされています。

この続きを見るには
(3000文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
連載シリーズ(全13回)
  1. さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ
  2. 日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」
  3. 「楽天Edy」発行枚数は1億枚を突破!「nanaco」から「QUICPay」まで国内の主要電子マネー6つまとめ
  4. クレジットカードの仕組みはどうなっているのか?
  5. 韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか
  6. LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい
  7. Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)
  8. Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
  9. Fintechユニコーン企業まとめ後編(ネオバンク、保険など9選)
  10. 高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場
  11. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  12. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  13. 丸井グループ創業者・青井忠治の半生!月賦店のルーツから戦争前の閉店セールまで
さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

2018年12月02日 20:00

QRコード決済に参入する企業が着々と増えており、LINEはテンセントと提携するなどそれぞれの戦略が少しずつ見えてきています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード