2018年07月16日 20:00

韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

先日、インテリジェントウェイブという企業の記事を書きました。

インテリジェントウェイブは日本国内のカード会社向けのシステム開発会社ということで、キャッシュレス市場について少し調べました。

その際に知ったことなのですが、韓国のキャッシュレス決済比率が89.1%と、非常に高いことにとても驚きました。

キャシュレスビジョン 経済産業省)

韓国が89.1%とダントツで高いのに対して日本は18.4%と、70%もの開きがあることがわかります。

半分を超えているのは5位のオーストラリアまで。よく話題にのぼる通り、中国も60%と高いですね。


というわけで今回は、韓国のキャッシュレス化がなぜここまで進んでいるのかについて調べてみたいと思います。

調べてみると、そこには社会的・歴史的な背景がありました。


決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで

まずは決済の歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。

① 物々交換の頃(〜紀元前7世紀)

人類の決済(というか、取引)は、物々交換から始まったとされています。

紀元前7世紀(2700年前くらい)以前は物々交換が主流でしたが、取引のたびに狩ってきたイノシシなどを持ってくるのは大変です。

そこで、各共同体において利用価値の高い麦、塩、貝殻などが物品貨幣として採用されるようになります。

② 鋳造貨幣の時代(紀元前7世紀〜)

物品貨幣の誕生は、人類の取引形態を大きく進化させます。

「価値」を保存することができるようになったため、専門技術を持つ人が出現し、「職業選択」という概念が生まれました。

そして人類は、さらに価値を安定させるため、銀や銅などの金属を貨幣素材に使うようになります。

③ 中央銀行の誕生(17世紀〜)

ところが、これらの貨幣はちょっと頑張れば偽造することができ、偽札などの問題は尽きません。

そこで出てきたのが「中央銀行」という存在です。


中央銀行は、貨幣の発行を管理し、価値を保証する役割を果たします。

現在でも基本的な仕組みは同じであり、社会に血液を送り込む「心臓」のような機能を果たしているとのこと(三井住友カードのサイトより)。

④ カード決済の誕生(20世紀〜)

そして、1950年代のアメリカで生まれたのが「クレジットカード」による決済です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
業界特集
2018年02月02日 18:52

クレジットカードの二大ブランド「Visa」と「Mastercard」にはどのくらい差があるのか?最新決算をまとめてチェック

トップブランドのVisa:四半期取扱高は2.8兆ドル
続いてMastercard
二社はどのくらい差があるのか?

今回は、クレジットカードブランドの二大巨頭、VisaとMastercardの最新決算をまとめてみたいと思います。どうせ見るなら一気にチェックしたいなと。

まずは一社ずつざっくりと眺めた上で、最後に両者を比較してみたいと思います。

トップブランドのVisa:四半期取扱高は2.8兆ドル

2019年01月21日 20:00

「韓国のAmazon」からバトルロイヤルゲーム、送金アプリまで!韓国ユニコーン企業5社まとめ

「韓国のAmazon」からバトルロイヤルゲーム、送金アプリまで!韓国ユニコーン企業5社まとめ
韓国最大のEコマース企業『Coupang』
バトルロイヤルゲームで大ヒット『Bluehole』
モバイルIT企業グループを作る『Yello Mobile』
累計10億枚を販売したマスクパックを開発『L&P Cosmetic』
韓国最大の送金アプリ『Toss』を展開する『Viva Republica』

今回は、韓国のユニコーン企業についてまとめてみたいと思います。

2017年における韓国の人口は5,147万人と、日本の人口(1.27億人)と比べると半分程度の大きさです。

国内総生産(GDP)についても日本が4.8兆ドルに対して韓国は1.5兆ドルと、3倍ほどの開きがあります。

2019年01月07日 07:00

ぺ・ヨンジュン氏も在籍!韓国コンテンツを配信する「デジタルアドベンチャー」

ぺ・ヨンジュン氏も在籍!韓国コンテンツを配信する「デジタルアドベンチャー」
トップラインは前年比+71%増加
アイドルグループ『防弾少年団』の人気爆発により145%の売上成長
キャッシュがバランスシートの51%を占める
韓国の放送コンテンツ輸出額は日本の約6倍

今回は、韓国コンテンツを配信する「デジタルアドベンチャー」(証券コード:4772)についてまとめていきます。

ク・ハラHP

トップラインは前年比+71%増加

2018年12月14日 12:00

クレジットカードの仕組みはどうなっているのか?

クレジットカードの仕組みはどうなっているのか?
7大国際ブランドのうち、VisaとMasterCardで全体の8割を占める。銀聯は32%増加と急成長中
「イシュア」はカード発行、「アクワイアラ」は加盟店の開拓が主な役割
加盟店が複数のアクワイアラと契約を結ぶ「マルチアクワイアリング方式」は事務手続きなどの負担が増える
加盟店とアクワイアラの仲介をしている決済代行業者。マルチアクワイアリング方式のため一括契約できるメリットも

『PayPay』の100億円あげちゃうキャンペーンにより、ビックカメラに行列ができるほどのブームとなっています。

Unsplashより

このブームのように進展を見せるキャッシュレス化ですが、パイオニア的存在のクレジットカードも取扱高を年々増加させています。

2018年12月02日 20:00

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ
①対応予定は92万箇所、1,000億円の資金を調達した『LINE Pay』
②利用者数No.1をうたっている『楽天ペイ』
③20%キャッシュバックなどで拡大に向けた投資を行う『PayPay』
④ALIPAY決済も簡単に申し込みができる『Origami Pay』
⑤個人間送金などコミュニケーションアプリとして拡大を目指す『pring』
⑥ドコモ回線以外のユーザーも利用できる『d払い』
⑦NIPPON Platformとタッグを組んでいる『Amazon Pay』
⑧ユーザー数100万人、加盟店60万以上の『Pay ID』
⑨コミケなど販売会向けの『pixiv PAY』
⑩コミケに特化したQR決済『Sma-sh Pay』
11.エポスカード払いがスマホで簡単にできる『EPOS Pay』
12.地方銀行や小売商店と協力して地域に根付く決済サービスから始める『&Pay』
13.ネットプロテクションズの後払いサービス『atone』
14.GMOペイメントゲートウェイがシステムを提供している『銀行Pay』
今後は『メルペイ』『ゆうちょPay』『7pay』『Bank Pay』『au PAY』などが参入予定

QRコード決済に参入する企業が着々と増えており、LINEはテンセントと提携するなどそれぞれの戦略が少しずつ見えてきています。

そこで、今回のエントリでは国内におけるQR決済サービスをまとめていきたいと思います。