「廃棄物処理」というコモディティ市場で急成長!M&Aによる地域独占で拡大する「Waste Connections」

2018年07月28日

皆さんは、ゴミの収集を行う団体や企業というとどのようなものを思い浮かべますか?

多くの方が市町村などの地方自治体や、町のリサイクルショップを想像するのではないでしょうか。

実際、生活の中で出されるゴミ(一般廃棄物)は、基本的に各地方自治体が回収、処理しています。


しかし事業活動を通じて出るゴミ(汚染水や汚染土壌などの産業ゴミ)はどうでしょうか。

関係者でもない限り、特定の会社や団体の名前は出ないと思います。


今回、皆さんに紹介するのは、そんな産業廃棄物処理会社でも、ニッチ戦略を取ることで創業1年でIPOし、米国におけるシェア3位まで事業を急成長させた「Waste Connections」という会社です。

ホームページ


Waste Connectionsは1997年、アメリカ北西部のワシントン州・アイダホ州のゴミ処理業界で働いていた人たちにより、カリフォルニアで設立されました。

その事業は急成長を遂げ、なんと1998年5月、創業からわずか1年後にIPOを果たしました。

その後も事業を拡大させていき、現在アメリカ38州とカナダ6州で事業を行っています。


ゴミ処理業界は、一般的に取り扱い規制などの観点からイノベーションが起こしにくく、業界への参入障壁が高いとされています。

そのため、すでに参入しているプレーヤーはその地位を確立しやすく、一度地位が確立したプレーヤーのいる地域に新たな企業が参入しても生き残るのが難しいのです。

それにも関わらず、Waste Connectionsは短期間で急成長をとげ、現在も、業界を圧倒的に上回る成長を成し遂げています。


以下のグラフは2008年のWaste Connectionsの売上とその市場である固形廃棄物処理市場の規模を100とし、それらの推移を比べています。

グラフから分かるように、市場自体は2008年から2017年までほぼ横ばいです。

にも関わらず、Waste Connectionsは売上を大きく成長させることに成功しています。

2016年から2017年にかけて他企業の買収を行い、その結果それらの年に売上が急成長していますが、2015年までは特に買収を行っていません。

それでも成長してきたことは、Waste Connectionsが他の企業とは何か違うからに他なりません。


では、成熟した市場でもほかを圧倒するその戦略とはなんなのでしょうか。

同社のサービス内容とともにWaste Connectionsの戦略の分析を行なっていきます。


業界3位まで登りつめたニッチ戦略とそのサービス

Waste Connectionsの戦略を一文で表すと、「数多くの中規模マーケットに進出し、そこで独占的にゴミ処理を行う」ということになります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
成長企業(新規上場) Waste Connections, Inc.