1億ドルちょっとで買収したBooking.comが収益性の高いメイン事業に成長!世界最大のOTA企業「プライスライン」の事業数値を追う

2017年10月17日 18:46

今回は、旅行予約サイト「Booking.com」などを運営するPriceline Groupについて調べます。

1997年にジェイ・ウォーカーがオンライン旅行予約サービス「priceline.com」を開始。「Name Your Own Price」という独自機能で注目を集めたそうです。

1999年には株式を上場し、初日で時価総額129億ドルにまで達します。


その後しばらくの間、業績は低迷しますが、2001年に黒字化を果たすと、2003年には航空券予約事業を開始。2004年には「TravelWeb」「ActiveHotels.com」らの買収によりホテル予約事業に参入。

2005年には現在にはヨーロッパ最大のホテル予約サイトとなった「Booking.com」を買収し、ActiveHotelsと統合。

2007年にはアジアに特化したホテル予約サイト「agoda.com」を買収し、2009年にはS&P500銘柄に選ばれます。

2013年には旅行に関する検索サービスを提供する「KAYAK」、2014年にはレストラン予約の「OpenTable」を買収するなど、M&Aを駆使して事業を拡大しています。


損益の推移を見てみましょう。

2001年の売上は11.7億ドルくらいで、その後2006年まで売上は成長していません。

この続きを見るには
(2118文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード