932社で13万人が利用する「働き方改革」SaaSプラットフォーム「チームスピリット」が新規上場

2018年07月20日 12:00

今回は、新しく東証マザーズに上場することが発表された「チームスピリット」について調べてみたいと思います。


チームスピリットは、現在も代表を務める荻島 浩司氏によって1996年に(有)デジタルコーストとして設立されました。

2010年には(株)セールスフォース・ドットコムと『AppExchange』『OEM』のパートナー契約を締結。

(『AppExchange』とは、Salesforce.comが展開するクラウドソフトウェアのマーケットプレイスです。SaaS版App Storeといったモデル。)

2011年にはアメリカのSalesforce.com社と資本提携を結び、2012年に『TeamSpirit』というサービスの提供を開始します。


2012年、社名を「(株)チームスピリット」に変更。

ここ5年間の業績推移を見てみましょう。

2017/8期の売上は7億7,296万円。この5年間で売上は8.6倍に増加しています。

また、経常赤字率が徐々に改善していることも分かります。

今期の数字を見ると、3Q時点ですでに売上は8億8,626万円、経常利益は7,216万円と、すでに経常黒字化を果たしていることが分かります。

売上自体もこのままいけば12億円近くに達するペースであり、そうすると成長率は60%以上にもなります。


急激な売上成長と利益率の改善を成し遂げている「チームスピリット」とは一体どんな会社なのか、公開情報を整理していきたいと思います。


チームスピリットが提供する3つのサービス

この続きを見るには
(2544文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
人材管理SaaS「カオナビ」1Q20決算:ARPU上昇が売上+60%増を牽引

人材管理SaaS「カオナビ」1Q20決算:ARPU上昇が売上+60%増を牽引

2019年08月21日 20:00

従業員の顔写真をならべて直感的に操作できるクラウド人材管理サービスを提供する「カオナビ」(証券コード:4435)の1Q20決算が発表されました。

働き方改革のおかげで初の四半期黒字!上場から2ヶ月で株価2倍の「カオナビ」2019年3月期本決算

働き方改革のおかげで初の四半期黒字!上場から2ヶ月で株価2倍の「カオナビ」2019年3月期本決算

2019年05月30日 20:00

今年3月にマザーズ上場を果たしたばかりの「カオナビ」(証券コード:4435)の2019年3月期本決算が発表されました。

BtoBのサービスを展開している「カオナビ」ですが、その印象的なテレビ広告宣伝によって多くの人に認知されるようになりました。

売上成長率66%! 「識学」2019年2月期本決算

売上成長率66%! 「識学」2019年2月期本決算

2019年04月17日 20:30

組織・マネジメントコンサルティングサービスを提供する「識学」(証券コード : 7049)の2019年2月期本決算が発表されました。

サイボウズだけじゃない!ユーザー数390万人を誇る国産グループウェア「ネオジャパン」

サイボウズだけじゃない!ユーザー数390万人を誇る国産グループウェア「ネオジャパン」

2019年04月15日 07:00

日本にはまだまだカバーしきれていないSaaS企業が存在します。今回はユーザー数390万人を超えるグループウェアを展開する「ネオジャパン」(証券コード:3921)をピックアップします。

グループウェアを提供するネオジャパン

契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ

契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ

2019年01月24日 07:00

先日、働き方SaaSプラットフォームを提供する「チームスピリット」(証券コード:4397)の2019年8月期1Qの決算が発表されました。

そこで今回はその業績やKPIの変化を中心に決算内容をまとめていきます。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード