売上計画を20億ドル上方修正!データセンター向け事業が好調の「インテル」2018年2Q決算まとめ

2018年07月27日 18:30

Google、Facebook、Amazonと大手の決算発表が続く中で、CPUの圧倒的シェアを誇る半導体メーカー「インテル」の決算発表があったので早速見ていきます。

まずは売上高と営業利益の四半期推移を見てみましょう。

2018年2Qの売上高は前年同期から14%増の169億ドル、営業利益は37%増の52億ドル。

インテルの2018年2Qは大きく増収増益となっています。

前年同期からの成長率の変化も見てみましょう。

緩やかに増加傾向にありそうですが、2017年2Qに大幅に営業利益が成長したことでピークが引き上げられてわかりにくくなっています。

2017年3Q以降に注目して見てみましょう。

売上高の年次成長率は2%(2017年3Q)から14%(2018年2Q)まで加速。

営業利益の成長率は14%から37%に加速しており、インテルの業績は全体として好調であることがわかります。

この続きを見るには
(2044文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
大口案件を獲得!宇宙関連事業も進む「さくらインターネット」2019年3月期本決算

大口案件を獲得!宇宙関連事業も進む「さくらインターネット」2019年3月期本決算

レンタルサーバやクラウドサービスを展開する「さくらインターネット」(証券コード:3778)が決算を発表しました。

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード