『Model 3』販売台数を3ヶ月で5倍に増やした「テスラ」本当に次の決算でキャッシュフローをプラスにできるのか

2018年08月05日

先日、カッコいい電気自動車メーカー「テスラ(Tesla)」の四半期決算が発表されました。

(Tesla Model 3)

テスラの決算では、「本当に黒字化できるのか」「生産台数を計画通り増やすことが可能なのか」など、数多くのことが話題になります。

それだけ、多くの人が同社に注目しているということですね。


では、早速業績の推移を見たいと思います。

まず重要なのはトップライン(売上)の成長ですが、今回の決算では40億ドルを超えました。

その一方で営業損失は拡大を続け、ついに過去最大の6.2億ドルになっています。


一方、売上成長率については2017年の前半以降、大きく鈍化しています。

とはいえ、それまでの成長率が100%前後と異常に高かっただけということもでき、現在でも前年比43.5%の増収というのは高い成長率です。

今回の売上成長は少し上向きましたが、この成長は何によってもたらされているのでしょうか。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
テスラ