定期課金・サービス収入が前年の2.3倍!決済サービスに加え周辺事業で加速する「Square」2018年2Q決算

2018年08月05日

Twitter社のCEOでもあるジャック・ドーシー氏が経営する「Square」の決算についてまとめたいと思います。

まずは早速、業績の全体像を見てみましょう。

総収益(Total net revenue)は伸び続け、今四半期は8億1494万ドルに。

一方、営業赤字が265万ドルにまで縮小しており、いつでも黒字化できそうな水準です。


総収益の成長率を計算してみると、直近では前年同期比47.8%の成長。

ここ3年ほどの変化をみると、2016年Q4ごろに大きく落ち込んだものの、その後は加速していることが分かります。


総収益からトランザクション費用やビットコインの仕入コストを除いた「調整後売上(Adjusted revenue)は、さらに大きく成長しています。

前年同期比で60%成長。

このように、計算の仕方でかなり違ってはきますが、Squareの事業規模が拡大しているということは間違いありません。


定期課金やハードウェア販売が成長を牽引

それでは、何がSquare社の成長要因になっているのでしょうか?

売上高の内訳を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
Square, Inc.