コンサルタント大量採用で成長に備える「日本M&Aセンター」減収減益の理由

先日、「日本M&Aセンター」の2019年度1Q決算が発表されました。

日本M&Aセンターは、主に中小企業を対象として事業承継に関するM&Aを仲介する会社です。

昨年までは株価もうなぎのぼりで、時価総額は一時期5,000億円を超えました。


それでは、今回決算までの業績推移を見てみましょう。

2018/6期の売上高は59億6400万円、営業利益は25億8100万円となっています。

営業利益率は43.3%と非常に高収益です。

しかし、売上高は前年同期比でマイナス8%。営業利益は29%の減少となっています。

前年同期は営業利益率55.7%と、もともとが異常に高かったというのもありますが、収益性は低下していると言えます。

今回のエントリでは、日本M&Aセンターの収益性が悪化してしまった理由について考えてみたいと思います。


成約件数が横ばいだが、一件あたりの単価が減少

日本M&Aセンターの事業はとてもシンプルで、売りたい会社と買いたい会社をマッチングするというもの。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加