スタートアップだけじゃない!ブロックチェーンに取り組んでる意外な国内大手企業7社

2018年08月07日 20:00

仮想通貨分野が盛り上がりを見せる中、「ブロックチェーン」という言葉を耳にする機会も増えてきました。

ブロックチェーンは「分散型台帳」ともいわれる情報技術であり、ビットコインをはじめとする暗号通貨の中核テクノロジーです。

ブロックチェーンの特徴は「中央管理者が存在しない」ことで、そのために「データの改ざんが難しい」など多くのメリットがあります。


その一方、2018年1月にはコインチェックで580億円相当の「NEM」が盗難されるという大事件も起こりました。

課題も大きいとされるブロックチェーン領域ですが、依然として高い期待を集める領域であることに変わりはなく、国内大手企業にも着手している企業が少なくありません。

そこで今回は、ブロックチェーン技術を積極的に研究・開発している国内大手企業を7社ほど取り上げ、その取り組みについてまとめてみたいと思います。

トヨタ自動車:走行履歴をブロックチェーン上で管理

まずは世界の「TOYOTA」です。

トヨタは、2016年1月に人工知能研究の新会社「Toyota Research Institute, Inc(TRI)」をアメリカで設立しました。

TRIはカリフォルニア州パロアルト(スタンフォード大がある)とマサチューセッツ州ケンブリッジ(ハーバードとMITがある)にそれぞれ拠点を設けています。

トヨタは2015年9月にスタンフォード大とMITそれぞれと人工知能の連携研究を進めると発表しており、取り組みを密に進めるための体制として両方に拠点を設置しているようです。

人工知能研究新会社Toyota Research Institute, Inc.(TRI)の体制および進捗状況を公表

TRIは、5年間でおよそ10億ドルという予算のもとでAI研究に取り組んでいます。


TRIの大きな研究トピックとして「自動運転」があります。

この続きを見るには
(2829文字 画像9枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

仮想通貨関連!ブロックチェーン領域への投資とともに注目が高まる「セレス」とはどんな会社なのか

2018年01月13日 13:36

あまり煽るようなことはしたくないこともあり、なんとなく扱うことを避けていた暗号通貨関連。

ですが、玉石混交の中で「何が事実なのか?」を整理するのもそれはそれで価値があると思うので、今後はなるべく取り組んでいきたいとも考えています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード