回転寿司業界トップ!兄弟紛争からMBOにより非上場化して再上場を果たしたスシローグローバルHD

今回は、業界トップの回転寿司チェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスについてまとめます。

創業からMBO、そして再上場まで

1975年、清水義雄氏(兄)と清水豊氏(弟)が大阪市で立ち食い寿司「鯛すし」を開業。

二人は1984年と1988年にそれぞれ別々に回転寿司チェーン「(株)すし太郎」を設立します。

1999年に義雄氏が豊氏側を吸収する形で合併すると、2000年に商号を「あきんどスシロー」に変更。2003年には東証二部への上場を果たします。

2006年に創業者の義雄氏が引退すると、弟側の主要株主3名がゼンショーグループに株式を売却。ゼンショーグループが全体の27%強を保有する大株主になります。

ゼンショーに飲み込まれるのを防ぐため、翌年にホワイトナイトとしてユニゾンキャピタルと資本業務提携。2009年にはMBOによりゼンショーを株主から追い出して上場廃止します。

この続きを見るには
(2641文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「流れる寿司」を食べているのはたった15%! 増収続ける回転寿司屋「元気寿司」

「流れる寿司」を食べているのはたった15%! 増収続ける回転寿司屋「元気寿司」

2019年04月12日 12:00

読者の皆さんは回転寿司に行った際には「流れている寿司を食べる派」と「どんなに寿司が流れていてもオーダーする派」に分かれると思います。

今回はその傾向に着目した大型寿司のチェーン店「元気寿司」(証券コード:9828)を取り上げます。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード