ビジョンファンドの1Q営業利益が2,399億円!通信事業のキャッシュフローも倍増した「ソフトバンク」1Q決算

昨日、ソフトバンクグループの1Q決算が発表されました。

決算説明資料

以前からのことではありますが、今回も孫正義氏は「AI」について熱く語ってくれました。

スライド枚数は100枚ととても多かったので、この記事だけでポイントを押さえられることを目指します。



まずは全体像ですが、売上2兆2,728億円ということで4%の増収です。

スプリントは3%程度の減収ですが、ソフトバンク本体が4.6%の増収。

『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』の影響を含まない利益指標である調整後EBITDAは、7,218億円で3%の増益。

中でもスプリントが11.9%の増益と、突出しています。


そして営業利益を見てみると、ビジョン・ファンドの存在感がとても大きくなります。

ビジョン・ファンドは2,399億円の営業利益で、前年から2倍以上に増えています。

この多くはインドの「Flipkart」をウォルマートへ売却することに合意したことで、未実現評価益1642億円を計上したというもの。

また、「WeWork」などの投資先の「含み益」が増加したことが含まれています。


そして「Arm China」の過半数を売却して合弁会社化したことで、一時的な株式譲渡益など1,164億円を計上しています。

具体的な内訳は、株式の51%を7億7520万ドルで売却したというもの。

参考:子会社(アーム)における 中国事業の合弁事業化に関するお知らせ


ビジョンファンドに関しては「どうせ含み益だろ」と思っていましたが、「Flipkart」の売却益が近いうちにドカンと入ってくることになりそう。

(過去の報道では「すでに売却した」という情報もありましたが、決算書には「未実現評価益」とあります)


ソフトバンク本体の『Beyond Carrier』戦略

ここまでが全体像ですが、続いてソフトバンク本体の通信事業について見てみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加