2018年08月20日 07:00

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」

お隣の中国・韓国のキャッシュレス化が進む中、日本は依然として現金主義です。

その現金主義が蔓延するこの日本で、キャッシュレス化に一役買っているSuica。

駅ではもちろんのこと、最近ではコンビニ・レストランでも使えるようになっていますね。

(引用:Suica

今回は、そのSuicaがどのように誕生し、どのように普及したのかを見ていきたいと思います。

まずはSuicaとは何なのか、Suicaを使えば何ができるのかおさらいしましょう。

Suicaって何?

(引用:Suicaのペンギン

多くの方がご存知のように、SuicaはJR東日本が発行するICカードです。

名前の由来は「Super Urban Intelligent CArd(都会の賢いスーパーなカード)」であり、「スイスイ行けるICカード」の意味も含んでいます。

命名に当たっては後付けかと思いきや、広告代理店に頼んでコンペを行なって決まったとのこと。


当初は首都圏エリアでのみ利用することができましたが、現在は全国10種類の交通系ICカードとの相互利用が可能となっています。


(PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんなど)の交通系ICカードとの相互利用が可能となっています。

(参照:JR東日本

SuicaをはじめとするICカードの強みとしては、処理の速さがあります。

(引用:JR東日本

切符だと処理時間0.7秒を有するのに対し、ICカードは、処理時間0.2秒ほどしか必要ありません。

電車の利用者数が多い日本では、必要不可欠です。

ところでみなさん、なぜSuicaは、なぜかざすだけで反応するのか不思議じゃないですか?

それには、日本の技術が使われているのです。

FeliCa

ソニーが開発した非接触型ICカード技術「FeliCa」は、かざすだけで高速データ送受信を実現。

厳重なセキュリティーも実現し、公共交通機関の乗車券システムから、電子マネー、マンションの鍵まで幅広い用途で使われています。

FeliCaは「nanaco」「楽天Edy」「WAON」にも使われており、他にもID認証や家電製品などにも内臓されています。

ちなみに「FeliCa」の名前の由来は、Felicity(幸福・至福)です。

(参照:FeliCaサイト

それでは、Suicaがどうやって誕生し、どのように普及してきたのか見ていきましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
銀行 金融 東日本旅客鉄道
2018年06月19日 16:33

【必見】UberやFacebook、Spotifyが利用する決済サービス「Adyen」が新規上場!その驚愕の戦略とは

クレジットカードからAlipayまであらゆる決済手段をカバー
過去3年間で決済総額は3倍に増加
財政状態:潤沢な営業キャッシュフロー
巨大グローバルIT企業を中心に利用が拡大

「Adyen」は、オランダの決済サービス企業です。

Pieter van der Does氏とArnout Schuijff氏などによって2006年にアムステルダムで設立されました。

2018年07月16日 20:00

韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで
「アジア通貨危機」をきっかけに財政が危機的状況に
政府主導によるクレジットカード推進策
「コインレス」に向けた新たな取り組み
2027年にキャッシュレス比率40%を目指す

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

2018年07月25日 21:30

LINE Payの決済高は83%成長!増収するも営業利益は減少した「LINE」2018年2Q決算まとめ

コア事業の広告が40%成長でLINEの売上増を牽引
コア事業の利益を飲み込む戦略事業の赤字
LINE Payの決済高は83%と急成長中

6月にカンファレンスでLINE Payの手数料を一定期間無料にするなど大発表をした「LINE」の決算発表があったので、早速見ていきたいと思います。

まずは売上収益と営業利益の四半期推移を見てみましょう。

2018年08月26日 20:00

アリペイとWechat Payのユーザー数は10億!「中国」がキャッシュレス大国になった経緯

歴史:銀行が率先して開発
発展の要因:規制緩和・インターネット人口の急拡大
アリペイとWechat Payの状況
展望:精度99.5%「顔認証決済」の導入

日本のキャッシュレス化の遅さが話題にあがる一方、中国のキャッシュレス化についてよく耳にします。

そこで今回は「どのように中国がキャッシュレス大国になったのか」「現在はどのような状況なのか」について、できる限りまとめていきたいと思います。

2018年08月25日 12:00

「楽天Edy」発行枚数は1億枚を突破!「nanaco」から「QUICPay」まで国内の主要電子マネー6つまとめ

楽天Edy:日本最多の発行枚数
nanaco:会員数が5300万人
WAON:発行枚数は5600万枚
PASMO:私鉄が発行するICカード
iD:日本で初めて海外展開した電子マネー
QUICPay:JCBとイオンが共同で開発


前回、Suicaがどのように普及してきたのか取り上げました。

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」