2017年12月25日 12:46

ウォーレン・バフェットが投資家人生の中で犯した3つの過ちとバークシャー・ハサウェイ過去24年の決算数値

今回は「投資の神様」ことウォーレン・バフェットが会長を務めるバークシャー・ハサウェイについて調べてみたいと思います。


バークシャー・ハサウェイという会社の歴史はとても古いです。

ルーツはアメリカのロードアイランド州に作られた織物工場を営んでいたバレーフォールズ社で、1839年に設立されています。

1929年にバークシャー綿製造会社と合併したのち、1955年には同じく綿紡績事業を展開するハサウェイ製造会社(1888年創立)と合併。

第一次世界大戦(1914-1918)以降、綿紡績産業は長い低迷に苦しんでいました。

そんな中で1962年より、バフェットが「この株は割安だ」と判断してバークシャーの株を買い始めます。

1965年に経営権を握りますが、本業の綿紡績事業の低迷は止まらず、バフェットが得意とする投資会社に転換、買収を進める中でコングロマリット化していきました。


バフェットが投資家人生の中で犯した3つの過ち

今となっては笑い話ですが、バフェットはバークシャーの経営権を握ったことをとても後悔しています。

そのことについて本人が語っている資料(これ)があるので、まずはその内容を軽く要約してみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
銀行 金融 バークシャー・ハサウェイ
2018年12月17日 12:00

日本初のIR専門会社!事業拡大で営業利益率30%超えの「アイ・アールジャパン」

日本初のIR専門会社!事業拡大で営業利益率30%超えの「アイ・アールジャパン」
1984年に日本初のIR専門会社として設立。右肩上がりの増収に加え、19/3上半期の営業利益率は33.7%に
「株主判明調査」は50%以上のシェア。「IR・SRコンサルティング」が収益の柱(売上構成比: 82%)
2012年に証券代行業務を開始し、現在の受託企業数は76社まで増加
コンサルティング業務拡大で売上原価率が改善(38.6%→22.7%)。現在の時価総額は247億円
M&Aアドバイザリー3,000億円市場の深耕でさらなる成長を目指す

今回取り上げるのは日本初のIR(インベスター・リレーションズ)専門会社である「アイ・アールジャパンホールディングス」(証券コード: 6035)を取り上げます。

公式HP

1984年に日本初のIR専門会社として設立。右肩上がりの増収に加え、19/3上半期の営業利益率は33.7%に