2018年08月09日 18:38

年間取扱高3,704億円!元Facebook幹部の参画からアメリカでのGMVが2倍以上に増えた「メルカリ」

メルカリの上場後初となる決算が発表されたので、まとめていきたいと思います。

メルカリ 決算説明資料

まずは全体像をつかむため、全体のGMV(流通総額)から見てみます。

GMVは1,026億円となり、前の四半期に続いて1,000億円を突破しました。

サービス開始から5年にしてこれだけの規模に達している日本企業は他にありません。


当然ながら、GMVの増加率自体は徐々に落ち着いてきています。

2年前は前年比で2倍という成長率を続けていましたが、1年前には65%、直近では41.5%の増加率となっています。

売上高は96億円ということで、前年の68億円と比べると41.1%の増収。

通期全体の売上は367億6,500万円で62%の増収でしたが、四半期ベースだとやはり徐々に成長速度がゆるみはじめてはいるようです。


そして、営業損失は44億2,200万円という数字。

国内メルカリ事業はがっつり黒字なので、このほとんどは海外事業や新規事業への投資によるものということになります。


それでは、各事業の状況をチェックしていきましょう。


国内メルカリ事業:大きな投資をしつつ営業利益71億円

まずは、メルカリグループの収益事業である国内メルカリ事業です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
メルカリ
2018年05月14日 20:23

評価額4,060億円!ついに上場するフリマアプリ「メルカリ」創業経緯と独特のキャッシュフローに注目

メルカリ前史:『楽オク』から『まちつく!』まで
設立から2年で1000万ダウンロードを突破
メルカリの事業KPIをピックアップ
単体の営業利益率は21%
財政状態:類を見ないほどのキャッシュリッチさ
まとめ
参考資料

かねてより上場が噂されていた「メルカリ」が、ついに東証マザーズに新規上場することが発表されました。

E34064:株式会社メルカリ (法人番号)6010701027558 S100CY9H:有価証券届出書(新規公開時)

2018年09月05日 20:00

「はてな」から『はてなダイアリー』をとったら何が残るのか?意外と知らない成長事業をまとめる

「はてブ」「増田」だけじゃない「はてな」の3事業
法人向けサービスの売上が69%を占める
営業利益率は18.6%と上昇傾向
財政状態と今期の状況

日本のインターネット民であれば、「はてな」という会社を知らない人はいないと思います。

と言うとさすがに大げさですが、「はてな」のWebサービスは日本のインターネットユーザーにとって避けては通れないほど広がっています。

2018年11月08日 20:00

四半期売上が100億円を突破!「メルカリ」2019年6月期1Q決算

バーコード出品好調で国内GMVが41%増
エンジニア積極採用で国内事業の売上原価率が上昇
オフライン広告を積極的に実施し、アメリカ事業のGMVが7,100万ドルに増加
6月の上場から株価は軟調に推移し、現在の時価総額は4,235億円

C to Cマーケットプレイスを展開する「メルカリ」(証券コード: 4385)の2019年6月期1Q決算が発表されました。

2019年6月期1Q決算説明資料