年間取扱高3,704億円!元Facebook幹部の参画からアメリカでのGMVが2倍以上に増えた「メルカリ」

メルカリの上場後初となる決算が発表されたので、まとめていきたいと思います。

メルカリ 決算説明資料

まずは全体像をつかむため、全体のGMV(流通総額)から見てみます。

GMVは1,026億円となり、前の四半期に続いて1,000億円を突破しました。

サービス開始から5年にしてこれだけの規模に達している日本企業は他にありません。


当然ながら、GMVの増加率自体は徐々に落ち着いてきています。

2年前は前年比で2倍という成長率を続けていましたが、1年前には65%、直近では41.5%の増加率となっています。

売上高は96億円ということで、前年の68億円と比べると41.1%の増収。

通期全体の売上は367億6,500万円で62%の増収でしたが、四半期ベースだとやはり徐々に成長速度がゆるみはじめてはいるようです。


そして、営業損失は44億2,200万円という数字。

国内メルカリ事業はがっつり黒字なので、このほとんどは海外事業や新規事業への投資によるものということになります。


それでは、各事業の状況をチェックしていきましょう。


国内メルカリ事業:大きな投資をしつつ営業利益71億円

まずは、メルカリグループの収益事業である国内メルカリ事業です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加