2018年08月10日 12:00

ARPUの伸びが加速した「Dropbox」2018年2Q決算まとめ

Dropboxの上場後2回目の決算が発表されました。

ホームページ

こちらはDropboxホームページからの抜粋ですが、けっこうどぎつい色をしていますね。

それではまず、売上から見ていきましょう。

売上高は3億3,900万ドルで、これまで通り着々と売上を拡大していることが見て取れます。

その一方で、売上成長率は徐々にゆるやかになってきました。

2018年5月に上場したばかりということで、数値が公開されたのもごく最近のことですが、アメリカのクラウド系成長企業としてはかなり低めです。

営業利益率はマイナス2.1%ということで、これまでと比べても大きく改善しています。

いつでも黒字化できそうという印象。

前の四半期にマイナスがドデカくなっているのは、新規上場時に従業員などへのストックオプション報酬が現実化したから。

Dropboxほどの企業ともなれば、トータルで500億円もの金額が従業員に支払われるというわけです。

中でも開発人材への報酬が2.83億ドルと、もっとも大きくなっています。


これまで平坦に近かったARPUの伸びが加速

続いて、Dropboxの事業KPIについて掘り下げていきます。

まずは、課金ユーザー数の推移を見てみましょう。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
Dropbox, Inc.
2018年02月24日 11:13

登録ユーザー数5億人以上!新規上場が発表されたクラウドストレージサービス「Dropbox」の公開情報を整理

Dropbox創業からの歴史:2016年に登録ユーザー数は5億を突破
Dropboxの利用状況と課金形態
地域ごとの売上高とコスト構造
財政状態とキャッシュフロー
まとめ:同業の「Box」と比較!

昨晩、クラウドストレージサービスを運営する「Dropbox」の新規上場書類(Form S-1)の内容が一般に公開されました。

まずはさっそく、全体業績の推移を見てみましょう。

2018年05月31日 11:17

「SaaS40%ルール」を割ってしまったアメリカのクラウドストレージ企業「Box」2019/1期Q1決算

顧客数の変化
コスト構造の変化
キャッシュフローの状況

今回は、昨晩に発表されたアメリカのクラウドストレージ企業「Box」の決算について、発表されている数値を一通りグラフにしてみたいと思います。


まず、四半期売上の推移を見てみます。