全ての新セグメントで営業損失!売上高500億円突破もキャッシュフローはマイナスの「RIZAPグループ」

2018年09月01日

フィットネス事業『RIZAP』などを展開する「RIZAPグループ」の2019年1Q決算が発表されました。

さっそく四半期ごとの業績推移を確認していきます。

売上高は大きく増加し、四半期で過去最高の522億円となりました。

鈍化傾向にあった成長率は82.1%まで急上昇しています。

営業利益についてはどうでしょうか。

2017年度、2018年度と2年連続で1Qは黒字でしたが、今四半期は37億円の営業損失を計上しました。

RIZAPグループはなぜ赤字となってしまったのでしょうか?

事業セグメントを再編成するも、全領域で赤字

RIZAPといえば「結果にコミットする」ボディメイク事業でおなじみですが、これまで積極的なM&Aによって事業領域を拡大してきました。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加