BaiduからWeibo、Twilio、アンダーアーマーまで!昨晩発表されたアメリカ市場の決算から4社をまとめる

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もやっていきます。今回は中国の検索エンジン「Baidu」、中国版Twitterこと「Weibo」、開発者向けAPIを提供する「Twilio」、スポーツ用品メーカーの「Under Armour」の4社についてまとめてみたいと思います。


Baidu:20%増収、56%増益。自治体やHuaweiとの提携も

中国の検索エンジンでトップシェアを握るBaiduです。

2017年の売上高は848億元(1.4兆円)、営業利益は157億元(2651億円)ほど。

前年と比べて20%の増収、56%の増益となっています。

2017年の収益のうち、73%はモバイル経由の売上で、前年の63%と比べて大きく増加しています。

その他のハイライトとして、以下の7点が述べられています。

・2017年11月に北京で年次会議「Baidu World」を開催。テーマは「AIを生活に」で、製品やサービスにBaiduのAIを組み込むことにフォーカスを当てた。そこで「DuerOS 2.0」を発表した。

・Baiduは2018年1月ラスベガスで行われたCES(Consumer Electronics Show)でApolloとDuerOSをお披露目し、Apollo 2.0を発表した。(「BaiduのApolloプラットホームは多数のパートナーを抱え、今や‘自動運転産業のAndroid’だ」を参照)

・中国河北省にある雄安新区との戦略的提携を合意。新しい経済区域を開発し、次世代型運送、ボイスアシスタント、クラウド・コンピューティングを駆使したスマート・シティにすることを目指す。

・検索体験を改善し、企業やブランドがユーザーとの関係を密にするための「Bear Paw」アカウントを公開。

・BaiduとHuaweiが、AIプラットフォームやインターネットサービス技術、コンテンツエコシステムに関わる包括的で戦略的な提携を結んだ。

・Baiduは二つ目の研究開発施設をシリコンバレーに、新しいエンジニア拠点をシアトルに開設し、自動運転やインターネットセキュリティなどの開発に注力する。

・「Baidu Wifi Translator」を公開。先進的なディープラーニング、音声認識その他のAI技術により、音声をいくつもの言語に翻訳することのできるポータブルな翻訳・ホットスポット機器。


なかなか壮大な話が多いですが、ここでBaiduの財政状態をチェックしておきます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加