3年前の期限切れ材料問題から50%の増収!サラ・カサノバ氏のもと見事なV字回復を果たした「日本マクドナルド」

大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を日本で展開する「日本マクドナルドホールディングス」の決算が好調です。

ホームページ

早速、売上高の推移を確認してみましょう。

2013年から2015年にかけて売上は落ち込んでいましたが、見事にV字回復しています。

今四半期は659億円と、2Qにおいてここ5年で最も高くなっています。

前年同期からの変化率を計算してみましょう。

2015年2Qまでは減収が続いていましたが、2015年3Qから増加に転じました。

2016年からはおおむね10%以上の増収率を続けています。

営業利益についても同様で、2015年2Qには83億円の赤字でしたが、ここにいて44億円の利益を稼ぐまでに回復しています。

今回のエントリでは、マクドナルドがV時回復を実現した要因について整理してみたいと思います。


この続きを見るには
(2721文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
星野リゾートの再建力 ヒントは教科書×ボトムアップにあり

星野リゾートの再建力 ヒントは教科書×ボトムアップにあり

2019年06月28日 20:00

ホテルの再建請負人といえば、星野リゾートの星野佳路氏。星野氏が行う“一見常識破り”とも思える戦略は一体どのような理論、ポリシーに基づいているのでしょうか。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード