高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

2018年09月02日 20:10

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


そこで今回は、2024年に人口が世界一になるインドの決済市場の現状について見ていきたいと思います。

まずはインドのキャッシュレス比率から見ていきましょう。

インドのキャッシュレス比率は38%となっています。

同規模の人口を誇る中国のキャッシュレス比率が60%であることを考慮するとキャッシュレス化はあまり進んでいないようです。

キャッシュレス化が進まない背景

なぜインドのキャッシュレス化がなかなか進んでいないのでしょうか。

①銀行口座保有率の低さ

インドでは銀行口座を持つ人の割合が53%と、他のアジア諸国と比較してもかなり低い水準です。

この続きを見るには
(3504文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
連載シリーズ(全13回)
  1. さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ
  2. 日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」
  3. 「楽天Edy」発行枚数は1億枚を突破!「nanaco」から「QUICPay」まで国内の主要電子マネー6つまとめ
  4. クレジットカードの仕組みはどうなっているのか?
  5. 韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか
  6. LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい
  7. Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)
  8. Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
  9. Fintechユニコーン企業まとめ後編(ネオバンク、保険など9選)
  10. 高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場
  11. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  12. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  13. 丸井グループ創業者・青井忠治の半生!月賦店のルーツから戦争前の閉店セールまで
シェア/お気に入り
資料をダウンロード