2018年09月02日 20:10

高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


そこで今回は、2024年に人口が世界一になるインドの決済市場の現状について見ていきたいと思います。

まずはインドのキャッシュレス比率から見ていきましょう。

インドのキャッシュレス比率は38%となっています。

同規模の人口を誇る中国のキャッシュレス比率が60%であることを考慮するとキャッシュレス化はあまり進んでいないようです。

キャッシュレス化が進まない背景

なぜインドのキャッシュレス化がなかなか進んでいないのでしょうか。

①銀行口座保有率の低さ

インドでは銀行口座を持つ人の割合が53%と、他のアジア諸国と比較してもかなり低い水準です。

さらに銀行口座を開設している人の中でも、実際に使っている人は4割ほどと言われています。

つまり、多くの国民が金融サービスそのものにアクセスできていない状況というわけです。


②インターネットの普及率の低さ

そしてインターネット自体もインドではあまり普及率していません。

インドの携帯電話所持率は93%を超えていますが、インターネットの普及率はわずか33%しかありません。

参考:モディ政権における「デジタルインド計画」について


改革:高額紙幣廃止・デジタルインド計画・国民ID計画

このように、「そもそも銀行口座がない」「インターネットにもアクセスできない」というのがインドの現状です。 

その中でインド政府がどのようなアクションを取っているのか見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
ソフトバンクグループ アリババグループ
2018年07月16日 20:00

韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで
「アジア通貨危機」をきっかけに財政が危機的状況に
政府主導によるクレジットカード推進策
「コインレス」に向けた新たな取り組み
2027年にキャッシュレス比率40%を目指す

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

2019年02月10日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
中国発の資金管理サービス「CGTZ」
請求書管理自動化を手掛ける「AvidXchange」
デンマーク発のプラットフォームプロバイダ「Tradeshift」
野村HDも投資する金融機関向けメッセージツール「Symphony」
中小企業向け給与・人事ツール「Gusto」
後払い決済サービスを提供するスウェーデン発ユニコーン「Klarna」
第三者決済を中心に発展した中国企業「Lakala」

前編のローン系7社に引き続き、中編ではビジネスツール・決済系Fintech企業7社を取り上げて、紹介していきたいと思います。


まずはビジネスツール系Fintech企業の5社からです。

2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)
インド政府の目指すキャッシュレス化の波に乗った電子決済の「Paytm」
独立して成長を続けるEC企業「Snapdeal」
急速にチェーン化を進める格安ホテル予約サービス「Oyo Rooms」
世界最大手Uberが最大の競合 配車サービスの「Ola Cabs」

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。

2018年12月25日 20:00

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」
ホンダとの合弁会社としてスタート。18/3期の売上高は約5,246億円
販売台数は約760万台。メンバーシップサービスの会員数が100万人を突破
製造原価率が改善傾向。現在の時価総額は約9,930億円
インド国内の二輪販売台数2,019万台は世界一。ホンダの猛追に対抗できるか

今回取り上げるのはインド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」です。

公式HP

ホンダとの合弁会社としてスタート。18/3期の売上高は約5,246億円

2018年12月24日 20:00

クリスマスの本場は「森林率」73%!「ノキア」も生んだフィンランド林業の歴史と現在

クリスマスの本場は「森林率」73%!「ノキア」も生んだフィンランド林業の歴史と現在
フィンランドは「森林率」73%で先進国トップ
大航海時代の造船ブームでフィンランドの林業が拡大。「ノキア」も最初は製紙会社から始まった
2007年をピークに紙の生産量が10年で半減
事業転換に成功したフィンランド林業最大手「ストラエンソ」
日本の林業は約40年で3分の1に縮小。政府は「2020年の木材自給率50%以上」を目標に掲げる

クリスマスと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

サンタクロースの故郷として有名なのが北欧・フィンランド(発祥の地はトルコのようです)。

また、街を彩るクリスマス「ツリー」に関しても、実はフィンランドは世界で欠かせない存在となっています。