高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

2018年09月02日 20:10

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


そこで今回は、2024年に人口が世界一になるインドの決済市場の現状について見ていきたいと思います。

まずはインドのキャッシュレス比率から見ていきましょう。

インドのキャッシュレス比率は38%となっています。

同規模の人口を誇る中国のキャッシュレス比率が60%であることを考慮するとキャッシュレス化はあまり進んでいないようです。

キャッシュレス化が進まない背景

なぜインドのキャッシュレス化がなかなか進んでいないのでしょうか。

①銀行口座保有率の低さ

インドでは銀行口座を持つ人の割合が53%と、他のアジア諸国と比較してもかなり低い水準です。

この続きを見るには
(3504文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
ソフトバンクグループ アリババグループ
Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

2019年02月10日 12:00

前編のローン系7社に引き続き、中編ではビジネスツール・決済系Fintech企業7社を取り上げて、紹介していきたいと思います。


2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」

2018年12月25日 20:00

今回取り上げるのはインド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」です。

公式HP

クリスマスの本場は「森林率」73%!「ノキア」も生んだフィンランド林業の歴史と現在

クリスマスの本場は「森林率」73%!「ノキア」も生んだフィンランド林業の歴史と現在

2018年12月24日 20:00

クリスマスと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

サンタクロースの故郷として有名なのが北欧・フィンランド(発祥の地はトルコのようです)。