2018年08月24日 18:15

データセンター向け売上が82%増!中国などアジアの伸びが加速する「NVIDIA」2019年1月期2Q決算

世界屈指のGPUメーカー「NVIDIA」の2019年1月期2Q決算についてまとめたいと思います。

さっそく売上高の推移を見ていきます。

今四半期の売上高は31.2億ドルで、2年前から倍増しています。

2017年度の後半から高い増収率を維持しており、今四半期は前年から40%の増収となりました。

営業利益は前年から68%増加の11.6億ドルです。

営業利益率は37.1%となっており、右肩上がりに収益性が高まっています。

AIブームとともに存在感を高めている「NVIDIA」の好調が止まらない要因を探っていきたいと思います。

クラウド需要拡大でデータセンター売上が82%増

NVIDIAが販売するGPU(Graphics Processing Unit)とは、並列的な計算処理を得意とする装置です。

「Graphics」という名称にあるように、GPUは瞬時にピクセルごとの配色を算出しなければいけない画像データのような、「簡単な計算を並列で大量に行なう処理」を得意としています。

ちなみにGPUという言葉自体もNVIDIAが作ったとのこと。

NVIDIAは自社がターゲットとするGPUの領域を「ゲーミング」「ビジュアル」「データセンター」「自動運転」「OEM・知財」と5つに分類しています。

領域別の売上高をチェックしてみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
テクノロジー NVIDIA
2017年11月10日 15:19

営業利益率が33%にまで向上したNVIDIAの四半期決算数値まとめ

業績ハイライト
四半期業績の推移
売上の内訳
コスト構造と利益率
バランスシートの中身

いわゆるディープ・ラーニング領域において不可欠なGPUのメーカーとして注目を集めるNVIDIA社の2018年1月期の3Q決算が出ました。

業績ハイライト

2018年05月10日 16:07

NVIDIAの含み益が3460億円!スプリントの経営権譲渡を発表したソフトバンクGの2017年度決算まとめ

財政状態
グループの今後を占うビジョン・ファンド事業

今回は、昨日決算が発表された「ソフトバンクグループ」についてまとめていきたいと思います。

例年、孫正義社長の決算発表は見てて面白いのですが、誇張された部分も多くてあまり客観的とは言えない部分も多くあります。

2019年02月07日 07:00

時価総額と株主価値に12兆円の乖離!「ソフトバンクグループ」2019/3期3Q決算

時価総額と株主価値に12兆円の乖離!「ソフトバンクグループ」2019/3期3Q決算
四半期売上は2.5兆円(+4.7%)、今期のSVF営業利益は1,763億円
「カラー取引」によりNVIDIA株暴落の損失を軽減
有利子負債がBSの46.7%、時価総額は9.3兆円
時価総額が株主価値に対して12兆円安い、IPO調達資金の30%は自社株買い

昨日、決算発表が行われた「ソフトバンクグループ」(証券コード:9984)の内容をまとめていきます。

決算説明資料

四半期売上は2.5兆円(+4.7%)、今期のSVF営業利益は1,763億円