2018年08月27日 20:00

自動車ローン開始で売上が倍増!若年層向けに金融サービスを展開する中国フィンテック企業「Qudian」

今回は中国で消費者金融サービスを展開するフィンテック企業「Qudian」についてまとめます。


まずは四半期の業績を見ていきます。


売上高は22.4億元(366億円)と、前年から倍増しています。

減少傾向にあった営業利益は再び増加し、7.7億元(126億円)で過去最高益となりました。

2017年10月の上場後に「Qudian」がどのように変化してきたのか、事業内容と決算数値を整理していきたいと思います。


Qudianが展開するマイクロクレジットサービス

Qudianが提供する消費者金融サービスは、いわゆる「マイクロクレジットサービス」と呼ばれるもので、18歳から35歳の若年層をターゲットとしています。

Quidanのマイクロクレジットサービスでは、次のように3種類の事業パートナーが存在します。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア Qudian Inc.
2018年03月06日 11:14

中国ライブストリーミング「YY」と中国の金融メタサーチ「Jianpu Technology」の2017年決算速報のまとめ

YYの2017年決算まとめ
YYの財政状況
Jianpu Technologyの2017年決算まとめ

今回は、昨晩決算が発表された中国インターネット企業の「YY」と「Jianpu Technology」の決算についてまとめてみたいと思います。

YYはライブストリーミングアプリを提供する会社で、Jianpu Technologyは金融商品のレコメンデーション事業を展開しています。

2019年02月10日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
中国発の資金管理サービス「CGTZ」
請求書管理自動化を手掛ける「AvidXchange」
デンマーク発のプラットフォームプロバイダ「Tradeshift」
野村HDも投資する金融機関向けメッセージツール「Symphony」
中小企業向け給与・人事ツール「Gusto」
後払い決済サービスを提供するスウェーデン発ユニコーン「Klarna」
第三者決済を中心に発展した中国企業「Lakala」

前編のローン系7社に引き続き、中編ではビジネスツール・決済系Fintech企業7社を取り上げて、紹介していきたいと思います。


まずはビジネスツール系Fintech企業の5社からです。

2019年02月09日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)
「SoFi Money」で話題となったFintechユニコーン最大級の「Social Finance」
ブラジル発の低所得者向けサービス「Nubank」
イギリス発成長企業向けローン「ACORN OakNorth」
ミレニアル世代向けEコマース即時ローン「Affirm」
利用者60万人のオンライン審査ローン「Avant」
8年で利用者826万人の中国ユニコーン「Tuandaiwang」
スモールビジネスに加えて個人向けサービスも開始した「Kabbage」

今回は3編にわたり、Fintech関連のユニコーン企業を紹介したいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドル以上の未上場企業の通称)


2018年12月07日 12:00

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算
店舗向け決済ソリューション「Pagseguro」: 四半期売上は約333億円(+65.6%)
決済手数料収益(175億円)と「先払い」による金融収益(113億円)の二本柱。決済高は約5,920億円(+89.9%)
バークシャー・ハサウェイなどから出資を受けたユニコーン「Stone」: 四半期売上は約120億円(+121.3%)
財務管理などの定期課金サービスが急成長。決済高はPagseguroを上回る約6,370億円(+83.2%)

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。

2018年11月21日 20:00

【特集】ルノーと日産はどんな経緯をたどったか?ルノー創業からゴーン就任、日産との提携までをおさらい

戦火の中にあって国有化をまぬがれなかった「ルノー」
鮎川義介が工業系財閥「日産コンツェルン」の創始者
ブラジルに生まれ、レバノンで育ち、フランスの名門大学に進学したカルロス・ゴーン
「ミシュラン」では26歳で工場長となり、31歳までにCEOの右腕に
18年勤めた同族企業のミシュランを離れ、民営化から間もないルノーに転職
ダイムラーとクライスラー合併の流れを受けて業績不振の日産と提携

巷ではカルロス・ゴーン氏がGoneしてしまったと話題です。

カルロス・ゴーン風とともに去りぬ Shutterstockより)