クレジットカードの二大ブランド「Visa」と「Mastercard」にはどのくらい差があるのか?最新決算をまとめてチェック

今回は、クレジットカードブランドの二大巨頭、VisaとMastercardの最新決算をまとめてみたいと思います。どうせ見るなら一気にチェックしたいなと。

まずは一社ずつざっくりと眺めた上で、最後に両者を比較してみたいと思います。

トップブランドのVisa:四半期取扱高は2.8兆ドル

Visaは9月決算なので、今回発表されたのは1Q決算です。

営業収益は48億6200万ドルで、前年から9%の増加。純利益は25億2200万ドルで22%の増加となっています。

前年同期の営業収益は44億6100万ドルなので、絶対額で4億ドルほど増加していますが、純利益は4.5億ドルの増加と、収益以上に増大しています。

なぜこんなことが起きているかというと、アメリカ政府の新しい法人税制により、実効税率が6%ほど小さくなったためです。

続いて、Visaの営業収益の内訳を見てみましょう。

この続きを見るには
(2048文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

2018年07月16日 20:00

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

【必見】UberやFacebook、Spotifyが利用する決済サービス「Adyen」が新規上場!その驚愕の戦略とは

2018年06月19日 16:33

「Adyen」は、オランダの決済サービス企業です。

Pieter van der Does氏とArnout Schuijff氏などによって2006年にアムステルダムで設立されました。