2018年03月10日 12:10

Flipkartからインド版Craigslistまで!インドのユニコーン企業10社の事業内容をおさらい(うち6社にソフトバンクが投資)

今日は、インドのユニコーン企業10社の事業内容をまとめてみたいと思います。

「ユニコーン」とは、未上場なのに評価額10億ドルを超えた企業に対する通称で、それだけ珍しい存在であることから注目度の一つの基準となっています。


それでは早速、評価額の上から順に1社ずつみてみましょう。


1. Flipkart 116億ドル

現時点でインド最大のユニコーン企業は、Eコマース・マーケットプレイスを展開する「Flipkart」です。

2007年10月に創業者二人でサービスをはじめ、2008年には毎日24時間のカスタマーサポート体制を確立。

2013年には1日で10万件の注文数を記録し、2014年に10億ドル以上の資金を集めます。


現在では登録ユーザー数1億人、月間配送数800万、毎日の訪問者数は1000万、21ヶ所の物流拠点、10万もの販売ユーザーが参加しています。

ホームページ

直近の評価額は116億ドルにも達し、インド最大のユニコーン企業となりました。

投資家にはタイガー・グローバルやeBay、マイクロソフト、テンセント、ソフトバンクグループ、ナスパーズなどそうそうたる企業が名を連ねています。

2 Snapdeal 70億ドル

インドのユニコーン第2位は、Flipcartと同じくEコマース事業を展開する「Snapdeal」です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
スタートアップ
2018年05月06日 12:43

2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリーサービス「Instacart」の歴史

Instacartの創業者アプアバ・メフタ氏
創業からユニコーンへ:6年間の主なトピック

今回は、アメリカのユニコーン企業「Instacart」についてまとめたいと思います。

Instacartのサービスを一言で表すと、「食料品買い物代行&デリバリー」。

多くの人がすでに買い物を行なっている食品スーパーでの買い物を代行し、その日のうちに運んでくれるというサービスです。

2018年05月10日 16:07

NVIDIAの含み益が3460億円!スプリントの経営権譲渡を発表したソフトバンクGの2017年度決算まとめ

財政状態
グループの今後を占うビジョン・ファンド事業

今回は、昨日決算が発表された「ソフトバンクグループ」についてまとめていきたいと思います。

例年、孫正義社長の決算発表は見てて面白いのですが、誇張された部分も多くてあまり客観的とは言えない部分も多くあります。

2018年05月07日 20:22

有料ライブ動画の参加がのべ500万人!Quoraの模倣から独自の進化を遂げた中国Q&Aサービス「知乎」

会社の歴史 
「知乎」のサービス内容
ビジネスモデル
運営状況
直面する問題

今回は「zhihu」をご紹介します!     

「知乎」(チーフ―、zhihu)は、アメリカのQ&Aサイト「quora」を模倣することで始まった中国のQ&Aサイトです。

2018年08月07日 12:00

ビジョンファンドの1Q営業利益が2,399億円!通信事業のキャッシュフローも倍増した「ソフトバンク」1Q決算

ソフトバンク本体の『Beyond Carrier』戦略
その他の事業
Armを通じ『トレジャーデータ』を6億ドルで買収
改めて語られる社会の流れからみた『ビジョン・ファンド』の意義
ソフトバンクの今後の動き

昨日、ソフトバンクグループの1Q決算が発表されました。

決算説明資料

2018年11月30日 18:00

サラダスタートアップがユニコーンに!?ユニコーン入りした米国スタートアップ(後編)

サラダスタートアップがユニコーンに!?ユニコーン入りした米国スタートアップ(後編)
Formlabs:最新式の3Dプリンター(評価額:11億ドル)
ThoughtSpot:次世代データ分析プラットフォーム(評価額:10億ドル)
PAT McGRATH LABS:伝説のメイクアップアーティストが創業した独自ブランド(評価額:10億ドル)
Talkdesk:5分でコールセンターを作れるSaaS(評価額:10億ドル)
ZipRecruiter:AIジョブマッチングアプリ(評価額:10億ドル)
TripActions:出張に特化した旅行予約サイト(評価額:10億ドル)
Sweetgreen:サラダスタートアップ(評価額:10億ドル)

前回はユニコーン入りした米国スタートアップ(前編)を特集しました。