「中国のイーロン・マスク」が創業!売上がほとんどない中国の電気自動車メーカー「Nio」が新規上場

中国の電気自動車メーカー、「Nio」がアメリカに上場することになりました。

Nioホームページ

Nioは中国に本拠地をおく電気自動車(EV)メーカーで、テスラの競合になりうるとして注目を集めています。

Nioの中国名である「Weilai」には「Blue Sky Coming」という意味があります。環境に配慮した未来を実現するという宣言だそう。


創業者のウィリアム・リー(William Li)氏は中国の連続起業家で、43歳

2000年に「Bitauto Holdings Ltd」という会社を設立し、2010年にニューヨーク証券取引所に上場させています。

Bitauto Holdings Limitedの業績

Bitauto(易車)は中国の自動車業界で有数のオンライン媒体となっており、売上は57億元(936億円)にものぼります。

北京大学の学生だったころに起業して以来、これまでに設立・投資した企業は40にものぼります。

その経歴からテスラのイーロン・マスク氏ともよく比較され、「中国のイーロン・マスク」と言われることも多いようです。

Nio自体の設立は2014年11月のことで、まだ設立から4年も経っていません。

2015年2月には「電気自動車のF1」として知られるFIA フォーミュラE選手権に参加。  当時のブランド名は「NextEV」というものでした。 

中国のインターネット企業「テンセント」からも支援を受け、2016年9月には名門「セコイア・キャピタル」などから10億ドルの資金を調達しています。

China Electric Car Startup seeks $1 Billion in Tesla challenge


まずは、Nio社の業績数値についてチェックしてみましょう。

なんと、2017年までの売上高はゼロです。

あとで詳しく説明しますが、量産型モデル「ES8」の発売が2018年6月のこと。

とはいえ、売上がほとんどないのは事実ですから、「これでよく上場申請できたな」という感は否めません。

今回のエントリでは、Nioが一体どんな会社なのか理解を深めていきたいと思います。

最後にオマケとして、失敗した(と言われている)中国資本のEVメーカー(になりたかった)「ファラデー・フューチャー」についても軽くまとめています。


Nioがこれまでに公開した車種

まずはNioが作ってきた二つの車、「EP9」「EP8」について確認していきましょう。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加