2018年09月11日 20:00

「中国のイーロン・マスク」が創業!売上がほとんどない中国の電気自動車メーカー「Nio」が新規上場

中国の電気自動車メーカー、「Nio」がアメリカに上場することになりました。

Nioホームページ

Nioは中国に本拠地をおく電気自動車(EV)メーカーで、テスラの競合になりうるとして注目を集めています。

Nioの中国名である「Weilai」には「Blue Sky Coming」という意味があります。環境に配慮した未来を実現するという宣言だそう。


創業者のウィリアム・リー(William Li)氏は中国の連続起業家で、43歳

2000年に「Bitauto Holdings Ltd」という会社を設立し、2010年にニューヨーク証券取引所に上場させています。

Bitauto Holdings Limitedの業績

Bitauto(易車)は中国の自動車業界で有数のオンライン媒体となっており、売上は57億元(936億円)にものぼります。

北京大学の学生だったころに起業して以来、これまでに設立・投資した企業は40にものぼります。

その経歴からテスラのイーロン・マスク氏ともよく比較され、「中国のイーロン・マスク」と言われることも多いようです。

Nio自体の設立は2014年11月のことで、まだ設立から4年も経っていません。

2015年2月には「電気自動車のF1」として知られるFIA フォーミュラE選手権に参加。  当時のブランド名は「NextEV」というものでした。 

中国のインターネット企業「テンセント」からも支援を受け、2016年9月には名門「セコイア・キャピタル」などから10億ドルの資金を調達しています。

China Electric Car Startup seeks $1 Billion in Tesla challenge


まずは、Nio社の業績数値についてチェックしてみましょう。

なんと、2017年までの売上高はゼロです。

あとで詳しく説明しますが、量産型モデル「ES8」の発売が2018年6月のこと。

とはいえ、売上がほとんどないのは事実ですから、「これでよく上場申請できたな」という感は否めません。

今回のエントリでは、Nioが一体どんな会社なのか理解を深めていきたいと思います。

最後にオマケとして、失敗した(と言われている)中国資本のEVメーカー(になりたかった)「ファラデー・フューチャー」についても軽くまとめています。


Nioがこれまでに公開した車種

まずはNioが作ってきた二つの車、「EP9」「EP8」について確認していきましょう。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
2018年05月14日 12:23

2ヶ月以内で週次5,000台目標!45万台超の予約を満たすべく奮闘する「テスラ」2018年Q1決算まとめ

生産キャパシティの拡大:2ヶ月後に週次5,000台を目指す
テスラのオートメーション戦略
その他のアップデート
発電・蓄電システム事業について
補足:四半期売上の推移をグラフ化

今回は、電気自動車メーカーとして常に注目を集めている「テスラ」の四半期決算についてまとめます。


今回のエントリでは、やたらと文字が多いテスラの四半期報告書から、重要なポイントをピックアップしていきたいと思います。

2018年08月05日 12:00

『Model 3』販売台数を3ヶ月で5倍に増やした「テスラ」本当に次の決算でキャッシュフローをプラスにできるのか

高成長の要因はModel 3
Model 3導入時に原価率上がるも、徐々に減少
フリーキャッシュフローは赤字でも投資家は高評価

先日、カッコいい電気自動車メーカー「テスラ(Tesla)」の四半期決算が発表されました。

(Tesla Model 3)

2018年11月21日 20:00

【特集】ルノーと日産はどんな経緯をたどったか?ルノー創業からゴーン就任、日産との提携までをおさらい

戦火の中にあって国有化をまぬがれなかった「ルノー」
鮎川義介が工業系財閥「日産コンツェルン」の創始者
ブラジルに生まれ、レバノンで育ち、フランスの名門大学に進学したカルロス・ゴーン
「ミシュラン」では26歳で工場長となり、31歳までにCEOの右腕に
18年勤めた同族企業のミシュランを離れ、民営化から間もないルノーに転職
ダイムラーとクライスラー合併の流れを受けて業績不振の日産と提携

巷ではカルロス・ゴーン氏がGoneしてしまったと話題です。

カルロス・ゴーン風とともに去りぬ Shutterstockより)

2019年01月18日 20:00

中国の勢いが止まらない!いま注目されている電気自動車の業界まとめ

中国の勢いが止まらない!いま注目されている電気自動車の業界まとめ
電気自動車はモーターを動力源とし、ガソリン車はエンジンを動力源としている
EVには4種類あり、それぞれ長所短所が存在
環境に良くて燃料費が安く済むが、航続距離が短い
急速充電は14時間かかる充電時間を30分に短縮可能
中国企業が電気自動車の販売台数トップ3を独占
中国で実施されているNEV規制・ナンバープレート規制

近年、各国の排気ガス規制や環境問題によって電気自動車への注目が高まっています。

今回は電気自動車がなぜそのように注目されているのかまとめていきたいと思います。

2019年01月20日 20:00

次世代自動運転EVなど!世界の電気自動車・電動二輪車まとめ

次世代自動運転EVなど!世界の電気自動車・電動二輪車まとめ
Karma Automotive:倒産するも中国企業に買収され復活を果たす
Fisker:Fisker氏が破産後、新たに創業したEVスポーツカー
Proterra:三井物産も出資するアメリカの電動大型バス
Gogoro:台北市内に1,000ヶ所以上の充電施設を展開する台湾発の電動スクーター
Zero:NASAのエンジニアによって創業された電動バイク
Ather Energy:Flipcart創業者も出資するインドの電動バイク
GOVECS:欧州の電動スクーター市場は75億ユーロに拡大予定

前回まで電気自動車の業界まとめ中国の電気自動車メーカー6社を特集しました。

今回は世界で注目されている電気自動車・電動二輪車メーカーを特集していきたいと思います。

まず最初に電気自動車の市場規模から見ていきます。