2018年09月13日

『引っ越し侍』が業界シェアトップに!メディア事業で売上300億円を目指す「エイチーム」2018年度決算

モバイルゲームやWebメディアを運営するインターネット企業「エイチーム」の2018年7月期決算が発表されました。

決算説明資料

まずは売上の変化をチェックしてみましょう。

今年度の売上高は377億円で、前年度からの8.9%の増収となりました。

次に、営業利益です。

営業利益は47億円となっており、ここ2年で大きく利益額を伸ばしています。

営業利益率は2016年度に9.6%まで低下しますが、直近2年間で上昇傾向となっています。

エイチームはモバイルゲームを中心として提供する会社です。

ところが最近はプログラマー向けの知識共有サイト『Qiita』を買収するなど、他サービスにも積極的に打って出ています。

中でも引っ越し予約サイト『引っ越し侍』などのメディア事業や、自転車のECサイト『cyma』などが伸びています。


ライフスタイル事業の売上がエンタメを逆転

エイチームには「エンターテインメント」「ライフスタイルサポート」「EC」の3事業があります。

①「エンターテインメント(エンタメ)」事業

まず一つ目は、これまで主力としてきたモバイルゲーム事業です。

累計950万ダウンロードの『ユニゾンリーグ』や、1,500万ダウンロードの『ヴァルキリーコネクト』など、テレビCMで見たことあるようなゲームを展開。

このようなアプリゲームにおける課金収益がこれまでの主力事業でした。


② 「ライフスタイルサポート」事業

二つ目が、ここのところ注力しているライフスタイルサポート事業です。

引っ越しや自動車、ブライダルや金融など、特定業界に特化した「バーティカルメディア」を多数運営しています。

バーティカルというのは「垂直」という意味です。


上のスライドでは大きく6つのサービスが紹介されています。

引っ越し予約サイト『引越し侍』では、複数の引越し業者の料金を比較して予約するところまでをワンストップで行うことができます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加