コンピュータ横編機で世界トップ!ユニクロやZOZO、エルメスが活用する「島精機製作所」

今回はコンピュータ横編機で世界シェアNo.1の「島精機製作所」について見ていきたいと思います。

2018年7月にファーストリテイリングと島精機製作所が中長期的に協力してニット製品の開発を行なっていくという発表がありました。

ファーストリテイリング・島精機製作所の戦略的パートナーシップについて -中長期的・包括的な開発および生産に関する取り組みを強化-

また、スタートトゥデイも島精機製作所のニット製造機を活用しています。

ファーストリテイリングやスタートトゥデイが惚れこむほどのニットを作る「島精機製作所」とは一体どのような会社なのでしょうか。


手袋から着想を得てニット編機を開発

創業者である島正博氏は1937年生まれ、和歌山県出身。

10代の頃から発明に夢中になっており、16歳の時には母の負担を軽くしようと手動の二重環かがりミシンを発明。

蒸気機関車の車輪の動きからヒントを得て、ミシンの仕組みを思いついたそうです。

1961年に島氏は友人らと(株)三伸精機を設立。

最初はゴム入り軍手の半自動編機の製造販売を行なっていました。

出資者は半自動編機の量産と販売に重点を置いた事業展開を望んでいましたが、島氏は全自動手袋編機の開発を目指していました。

1962年、名称を島精機製作所に変更。

1964年に全自動手袋編機を完成させ、販売を開始しました。

この全自動手袋編機は高度経済成長に伴う軍手の需要もあり、1970年代にかけて15,000台を超える大ヒットとなりました。

全自動手袋編機は成功しましたが、手袋の市場規模は小さいので次なる一手を考えていました。

そんな時、手袋を逆さにするとセーターのような形になることに気づきました。

島正博の道しるべ

1967年、手袋編機を応用した全自動フルファッション袴編機の販売を開始し、横編機業界に進出します。

1969年から横編機メーカーとしてスタートし、1971年にはパリの展示会に横編機を出展し国際的に高い評価を受けました。

1995年に「ホールガーメント」と呼ばれる縫い目がない革新的なニットを開発。

島製機製作所

着心地が非常に良く理想のニットウェアと呼ばれ、アパレル業界に変革をもたらしました。

エルメスやグッチ、アルマーニなど欧州の高級ブランドも「ホールガーメント」を販売しています。

2016年にファーストリテイリングと合弁会社イノベーションファクトリーを設立します。


業績推移:営業利益率は20.7%

島製機製作所の売上を見てみましょう。

売上は年度によってばらつきがかなりあります。

2018/3期の売上は719億円、2013/3期から増加傾向となっています。

2013年からの売上増加率を計算してみると2016/3期を除いて15%以上の増収。

かなりハイペースな売上増加となっています。

2018/3期の営業利益は149億円と、2014/3期から売上に伴って増加しています。

2018/3期の営業利益率は20.7%と高いことがわかります。

アジアでの売上が48%を占める

島精機製作所では事業を大きく4つに分けることができます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加