フリーランサー売上の76%がアメリカ国外!世界規模でのクラウドソーシング「Upwork」が新規上場

フリーランサーのマッチングプラットフォームを展開する「Upwork」が新規上場することが発表されました。


もともとは『Elance(1998年〜)』と、『oDesk(2003年〜)』という別サービスとして始まりました。

2014年に両社が合併すると、2015年には『Upwork』としてリニューアル。

Upwork

2016年にはサービスの統合が完了し、営業部隊を立ち上げて『Upwork Enterprise』の提供を開始しています。

まずは全体売上の動向について見てみましょう。

2017年の売上は2億ドルを少し超えたというところ。増収率は24%弱でした。

この続きを見るには
(3254文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「クラウドワークス」3Q19決算 : 営業利益は通期で黒字化の見込み

「クラウドワークス」3Q19決算 : 営業利益は通期で黒字化の見込み

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」(証券コード : 3900)が2019年3Q決算を発表しました。

クラウドワークスの事業をおさらいしておくと、フリーランスと企業のマッチングサービスとして「クラウドワークス」と「クラウドテック」の2事業を提供しています。

四半期売上は過去最高の22億円「クラウドワークス」2019年 2Q決算

四半期売上は過去最高の22億円「クラウドワークス」2019年 2Q決算

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」(証券コード : 3900)が2019年2Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード