50年前に鹿児島の馬小屋で創業!ラクスルとの提携で成長する印刷通販「プリントネット」が新規上場

印刷通販「プリントネット」のJASDAQ上場が承認されました。

公式HP

プリントネットの創業は1968年までさかのぼり、そのルーツは鹿児島県姶良(あいら)市にあります。

農業を営んでいた小田原廣實氏が、奥さんの実家の馬小屋を借りて印刷業を開始。

主な案件は官公庁の公募入札などで獲得し、しばらくは農業と印刷の複業が続きました。

息子の洋一氏にとっては小さい頃から農業や製本の手伝いをする毎日。

「家業は継ぎたくない」という思いがありながらも、製版会社を経て1985年に実家へ戻ります。

1987年に「小田原印刷」として法人化し、印刷業一本に専念することとなりました。

しかし、家族と数名の社員で営業から印刷、配送まで全てを切り盛りする日々に限界を感じ、洋一氏は廃業も覚悟していたといいます。


洋一氏が小田原印刷に戻って20年が経過した2005年に廣實氏が引退し、社長に就任。

プリントネットにとって大きな転機となったのは『楽天市場』への出店です

遠く離れた関東からの注文が増加し、多くのリピーターを獲得。

手応えをつかんだ洋一氏は自社のWebサイトを開設し、官公庁への入札を一切やめて通販専門に舵を切りました。

2008年にプリントネットへと社名を変更し、東京にも工場を建設。

2014年には印刷通販「ラクスル」と業務提携します。

(参考:【新規上場】全国の印刷会社をネットワーク化!非稼働時間の利活用で業界を刷新する「ラクスル」

その後も着々と売上を伸ばし、創業50周年となる2018年にJASDAQ(スタンダード)への上場が承認されました。


9か月間の途中経過も含めた業績推移を見てみましょう。

売上高は右肩上がりの成長を続けており、17/10期の年間売上は68.5億円。

今年度は9か月間で55.0億円の売上となっています。

経常利益も着々と増加しており、9か月間で6.6億円とすでに前年度を上回っています。

経常利益率も右肩上がりに上昇し、10%を突破しました。

印刷通販業界の2017年度売上高を比べてみると、業界首位のプリントパックが276億円、2番手のグラフィックが221億円でプリントネットの3倍〜4倍という規模。

業務提携を結んでいるラクスルは77億円ほどです。

プリントネットは業界4番手の立ち位置となっています。


今回は創業50周年の節目に新規上場を果たす印刷通販「プリントネット」の事業内容をチェックしていきたいと思います。


「ラクスル」からの受注が30%以上

プリントネットはオンライン通販を専門とする印刷会社です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加