横浜家系ラーメン「町田商店」などを提供する『ギフト』が新規上場

2018年09月21日 18:00

横浜家系ラーメン「町田商店」などを展開する「ギフト」が新規上場するのでまとめていきます。

ギフト HP

ラーメンチェーン店で上場する企業は比較的珍しく、今回ギフトが上場するマザーズ市場にはラーメンチェーンはありません。

ちなみに東証一部には「幸楽苑」「日高屋」「丸源ラーメン」「一風堂」が上場しています。

丸源ラーメンを提供するのは「物語コーポレーション」という企業で、愛知県豊橋市に本社を置きます。

丸源ラーメンHP

今回のエントリでは、「横浜家系」として新規上場が決まった「ギフト」とはどんな会社なのかについて掘り下げてみたいと思います。

まずは売上から。

2017年の売上高は56億円と、4年前から比べると8.5倍に拡大しています。

2018年3Qの売上はすでに50.8億円に達しており、かなりの勢いで売上を増やしていることが分かります。

経常利益は2018年3Q時点で6.2億円ほどに拡大。経常利益率は12.2%と、飲食店としてはかなり高い水準です。

こだわりが強過ぎて店が潰れかける

事業の中身に入るまえに、まずはギフトの会社としての歴史についてまとめてみます。


こだわりが強すぎて店が潰れかける

この続きを見るには
(3259文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
営業利益16.4億円にV字回復!業態転換により復活した「幸楽苑HD」2019年本決算

営業利益16.4億円にV字回復!業態転換により復活した「幸楽苑HD」2019年本決算

中華そばなどを中心に国内外に飲食店を展開する「幸楽苑HD」(証券コード : 7554)が、2019年本決算を発表しました。

王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

王将VS日高屋VS幸楽苑 もっとも利益率が高いのはどこだ?

今回は有名中華料理チェーンである「餃子の王将」「日高屋」「幸楽苑」の三つを比較して、どこが一番利益率が高いのか?を見ていこうと思います。

王将は近畿、日高屋と幸楽苑は関東まず各社の特徴です。「餃子の王将」は王将フードサービスが運営しており、主に近畿地域を中心に全国展開しています。「日高屋」はハイデイ日高が運営しており、出店地域は関東のみ。「幸楽苑」は幸楽苑ホールディングスが運営しており、関東を中心に全国展開しています。

スライド3枚で分かる「ハイデイ日高」2019年2月期本決算

スライド3枚で分かる「ハイデイ日高」2019年2月期本決算

ラーメンチェーン「ハイデイ日高」(証券コード:7611)の2019年2月期本決算が発表されました。