創業6年でチェーン売上1,000億円を突破!日本を支えるコンビニ『セブンイレブン』創業の軌跡(前編)

今回のエントリでは、もはや多くの日本人にとって無くてはならない存在となった「セブンイレブン」創業の歴史についてまとめてみたいと思います。


「氷屋さん」からスタートしたコンビニの歴史

コンビニエンスストアのルーツは、1927年のアメリカにあります。

まだ家庭での電気冷蔵庫が普及しておらず、「角氷」を購入して冷蔵庫にぶち込むスタイルでした。

同年に設立されたサウスアイランド・アイス社のテキサス州にある1店舗では、ジョン・ジェファーソン・グリーン氏が店を運営していました。

グリーン氏はとても仕事熱心で、夏場には週7日、毎日16時間(7時から23時)の営業を続け、地域の人から喜ばれていました。

やがてお客さんから「卵や牛乳、パンとかも扱ってほしい」という声が寄せられるようになり、グリーン氏もこれをサウスランド社に提案。

「それはいいね!」ということで卵や牛乳などの日販食品の取り扱いをスタート。これがコンビニエンスストアの始まりです。

こうした業態は当初、「トーテムストア」と呼ばれ、店舗の庭や壁面に描かれた「トーテムポール」がコンビニエンスストアのシンボルだったそうです。

1946年には、朝7時から23時まで営業するチェーンとして「7-ELEVEN」という名前に変更。

その後、1971年には多くの7-ELEVEN店舗が24時間営業となりました。


イトーヨーカ堂とサウスランド社の交渉

多くの方がご存知のように、セブンイレブン・ジャパンの創業母体となったのは日本のスーパー「イトーヨーカ堂(当時)」です。


1920年の創業から51年が経過し、体質の良い企業として一部で注目されていたそうですが、当時は「質」よりも「量」が尊ばれていた時代。

大手小売チェーンとしてはかなり影が薄い存在だったようです。

店舗数もわずか29店舗と少なく、多店舗経営の経験もありませんでした。

1956年から経営を引き継いだ伊藤雅俊氏は、このコンプレックスを克服するために「アメリカのチェーン企業から学ぼう」と考えるようになります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加