2018年10月06日 12:00

創業6年でチェーン売上1,000億円を突破!日本を支えるコンビニ『セブンイレブン』創業の軌跡(前編)

今回のエントリでは、もはや多くの日本人にとって無くてはならない存在となった「セブンイレブン」創業の歴史についてまとめてみたいと思います。


「氷屋さん」からスタートしたコンビニの歴史

コンビニエンスストアのルーツは、1927年のアメリカにあります。

まだ家庭での電気冷蔵庫が普及しておらず、「角氷」を購入して冷蔵庫にぶち込むスタイルでした。

同年に設立されたサウスアイランド・アイス社のテキサス州にある1店舗では、ジョン・ジェファーソン・グリーン氏が店を運営していました。

グリーン氏はとても仕事熱心で、夏場には週7日、毎日16時間(7時から23時)の営業を続け、地域の人から喜ばれていました。

やがてお客さんから「卵や牛乳、パンとかも扱ってほしい」という声が寄せられるようになり、グリーン氏もこれをサウスランド社に提案。

「それはいいね!」ということで卵や牛乳などの日販食品の取り扱いをスタート。これがコンビニエンスストアの始まりです。

こうした業態は当初、「トーテムストア」と呼ばれ、店舗の庭や壁面に描かれた「トーテムポール」がコンビニエンスストアのシンボルだったそうです。

1946年には、朝7時から23時まで営業するチェーンとして「7-ELEVEN」という名前に変更。

その後、1971年には多くの7-ELEVEN店舗が24時間営業となりました。


イトーヨーカ堂とサウスランド社の交渉

多くの方がご存知のように、セブンイレブン・ジャパンの創業母体となったのは日本のスーパー「イトーヨーカ堂(当時)」です。


1920年の創業から51年が経過し、体質の良い企業として一部で注目されていたそうですが、当時は「質」よりも「量」が尊ばれていた時代。

大手小売チェーンとしてはかなり影が薄い存在だったようです。

店舗数もわずか29店舗と少なく、多店舗経営の経験もありませんでした。

1956年から経営を引き継いだ伊藤雅俊氏は、このコンプレックスを克服するために「アメリカのチェーン企業から学ぼう」と考えるようになります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
セブン&アイ・ホールディングス
2018年09月08日 18:00

【永久保存版】宅急便はどのように普及したのか(前編)

日本一のトラック会社を作った創業者・小倉康臣
戦後、長距離輸送への波に乗り遅れる
小倉昌男氏が社長に就任し、個人向け事業を構想

今では当たり前のものとなっているクロネコヤマトの「宅急便」。

「個人向け宅配」という巨大なネットワークをどのようにして作ってきたのか。

2018年10月20日 12:00

世界5,270店舗を展開!日本一の100円ショップとなった「ダイソー」と創業者・矢野博丈氏の半生(前編)

100円ショップ以前:均一販売の歴史
広島の有力な豪農だったが戦後の農地改革などで没落
稼ぎの原体験:青果市場と八百屋でのアルバイト
ハマチの養殖や百貨店セールスなどで失敗の日々
「ちり紙交換」で才能を発揮
運命を変えた「移動販売」との出会い

日本最大の100円ショップチェーン「ダイソー」。

ダイソーは非上場企業(2018年10月現在)ですが、国内の100円ショップとしては圧倒的な存在です。

2018年10月21日 12:00

世界5,270店舗を展開!日本一の100円ショップとなった「ダイソー」と創業者・矢野博丈氏の半生(後編)

利益を削って原価ギリギリの商品も販売
ダイエーから締めだされて常設店舗の展開をスタート
海外展開も大成功で引く手数多に
薄利多売の徹底で圧倒的な優位性を作り上げた

前編の続き)

ダイソー創業者・矢野博丈氏は、「矢野商店」のチラシを住宅ポストに入れては、販売場所を確保しての移動販売を続けていました。

商売を大きくするつもりはなく、生き残ることだけを第一として「夫婦げトラック一台・年商1億円」を生涯の目標に掲げていたくらいです。

2018年10月28日 12:00

15歳で起業!SaaSのパイオニア「Salesforce.com」と創業者マーク・ベニオフの半生(後編)

シーベル社を「敵」に見立ててゲリラマーケティングを展開
自社イベント「ドリームフォース」は10万人規模に拡大
オラクルでの経験から経営プロセス「V2MOM」を考案

前編からの続き)

社員10名のときに借りた230坪のオフィスも、1年もすると見事に手狭になりました。

セールスフォースの創業初期における急成長を支えた要因として、積極的なゲリラ・マーケティング戦略がありました。

2018年12月24日 12:00

平成の30年間でコーヒー業界に起こった変化に迫る!コーヒー業界の平成史

平成の30年間でコーヒー業界に起こった変化に迫る!コーヒー業界の平成史
喫茶店の数が30年間で半分まで激減。コーヒーチェーンの数は約4,400店舗増加(1,851店舗→6,273店舗)
平成前期(最初の10年間):スターバックスが日本に上陸し、おしゃれなカフェが広まる
平成中期(真ん中の10年間):コーヒーチェーン戦国時代が到来  
平成後期(最後の10年間):コンビニコーヒーが大躍進
コーヒーの消費量と株価は連動。選挙があるとコーヒーの消費量が減少。

2018年もそろそろ終わりに近づき、さらには「平成」という元号も幕を閉じようとしています。

30年という月日が流れると様々な変化が生まれますが、そのうちの1つが「コーヒー業界」です。