海外売上が前年の3倍!インバウンド需要で美顔器が爆売れ「ヤーマン」2019年4月期1Q決算

2018年09月18日 12:00

美容機器や化粧品を販売する「ヤーマン」の2019年4月期1Q決算が発表されました。

決算説明資料リンク

ヤーマンは美容機器や化粧品の企画開発、製造、販売を行なう美容メーカーです。

1978年、現会長の山﨑行輝氏がレーザーなどの先端電子機器の輸出入を目的に創業しました。

同年、自社の開発力を高めるために技術研究部門を設立。

これまでに開発した商品は900以上、取得済み特許数は260にのぼっています。

多くの人が自宅で利用している「体脂肪測定器」は、1985年にヤーマンが開発した特許技術に基づいて製品化されたもの。

ほかにも、1992年に「身体インピーダンス測定用プローブ(手で測定できる体脂肪計)」、2003年に「体内構成測定装置(自分の骨量を計測できるもの)」を生み出しました。


技術力を強みとするヤーマンですが、業績はどのように推移しているでしょうか。

この続きを見るには
(3614文字 画像27枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
時価総額6分の1に低下 元ユニコーン企業「MTG」最新決算で見えた苦戦の理由

時価総額6分の1に低下 元ユニコーン企業「MTG」最新決算で見えた苦戦の理由

2019年07月21日 20:00

『SIXPAD』や『ReFa』を手がける「MTG」(証券コード:7806)が2019年9月期第2四半期決算を発表しました。

今回の決算では、通期の連結最終損益を85億円の赤字予想(前期は40億円の黒字)に修正しています。

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2年で営業利益率が2倍に改善した「資生堂」

2019年04月17日 20:00

大人の女性にとって欠かすことのできない日用品である化粧品。今回のエントリでは女性の美を支える資生堂が、ここ2年で営業利益率を大幅に改善した戦略についてまとめていきます。

1872年に日本初の民間調剤薬局として設立

売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

2019年03月29日 07:00

ファーマフーズ」(証券コード:2929)は「医薬」(Pharmaceuticals)と「食」(Foods)を掛け合わせた言葉で、健康維持と生活の質(Quality of Life)の向上に役立つ機能を明確に持つ食品素材を創造する会社です。

機能性食品素材の開発を目的に設立された「ファーマフーズ」

シェア/お気に入り
資料をダウンロード