【保存版】アパレルからOTA、CtoC、越境ECまで!国内のEコマース市場規模のデータを経産省の統計からまとめてみた

2018年02月06日 16:16

経済産業省が毎年出している「電子商取引実態調査」というレポートがあります。

1998年以来、毎年行われているもので、国内外のEコマース市場の状況について、とても示唆に富む内容となっています。

次のグラフは、日本国内における消費者向けEコマース(BtoC EC)の市場規模の推移を表しています。

2005年に凹んでいるように見えるのは、アメリカとの比較のために調査範囲を統一したため。

2016年の国内消費者向けEコマースの市場規模は15兆円を超えており、10年前(2006年)の4.4兆円と比べて3倍以上の規模に成長しています。

この続きを見るには
(2760文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
業界特集
6ce6ptbpc667wsird vwpg

SPAの登場〜D2Cの台頭まで!アパレル・サプライチェーンの歴史まとめ

2018年12月14日 20:00

近年、スマートフォンの普及によりネットで服を買う機会が増加しました。