2018年02月06日 16:16

【保存版】アパレルからOTA、CtoC、越境ECまで!国内のEコマース市場規模のデータを経産省の統計からまとめてみた

経済産業省が毎年出している「電子商取引実態調査」というレポートがあります。

1998年以来、毎年行われているもので、国内外のEコマース市場の状況について、とても示唆に富む内容となっています。

次のグラフは、日本国内における消費者向けEコマース(BtoC EC)の市場規模の推移を表しています。

2005年に凹んでいるように見えるのは、アメリカとの比較のために調査範囲を統一したため。

2016年の国内消費者向けEコマースの市場規模は15兆円を超えており、10年前(2006年)の4.4兆円と比べて3倍以上の規模に成長しています。

今回の記事では、経産省のレポートを元に、特に重要だと思うファクトデータを並べ、一つずつグラフにしていきたいと思います。

消費者向けEコマース市場規模の内訳

経産省のレポートでは、2013年より「物販系」「サービス系」「デジタル系」の大きく3種類に分類しています。

「物販系」は一般的なオンライン通販、「サービス系」は旅行や飲食、金融など、「デジタル系」は電子書籍や音楽、ゲームなどのデジタルコンテンツが含まれています。

15兆円に達したEC市場規模の三種類ごとの内訳を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
業界特集
2018年12月14日 20:00

SPAの登場〜D2Cの台頭まで!アパレル・サプライチェーンの歴史まとめ

SPAの登場〜D2Cの台頭まで!アパレル・サプライチェーンの歴史まとめ
従来のアパレル・サプライチェーン(メリット:分業による専門性 デメリット:情報格差)
SPA(製造小売業)としてGAPがアメリカで大成功、ユニクロもSPAとして国内で台頭する
スマートフォンの普及により消費者の価値観が変化、D2C(Direct to Consumer)が台頭する

近年、スマートフォンの普及によりネットで服を買う機会が増加しました。

その影響でD2Cと呼ばれる自社ECしか販売チャネルを持たないアパレルブランドなども存在感を高めています。

そこで今回は、アパレル業界のサプライチェーンの変化をまとめていきたいと思います。