「2017年最高のCEO」と言われたジャック・ドーシーとは何者なのか(後編)

2018年09月23日 12:00

前編の続きです)

その後もTwitterは、何度もサーバーダウンを繰り返しながら爆発的に成長していきました。  

ジャック・ドーシーは慣れないながらもCEOを務め、会長のエヴァン・ウィリアムズがドーシーを鍛え上げようとしていました。 

ところが当時のドーシーは、社員に対して高圧的に当たることが多く、口調もなぜか独裁者めいているという体たらく。

努力はしていたものの、自分ではどうすればいいか分からなくなる場合も多く、オーナーのエヴァン・ウィリアムズも苛立ちを募らせていきます。

しかも午後6時になると退社して絵を習ったり、ホットヨガに通ったり、ドレスメーキングを習ったりと「社外活動」に勤しむようになりました。

有名になるにつれて社外の交友関係も増え、セレブの仲間入りを果たしつつある自分に酔いしれていたそうです。

相変わらずサーバーダウンが続くにも関わらず、現実逃避的に「社外活動」を楽しむドーシーを見て、エヴァン・ウィリアムズは愛想を尽かします。

ドーシー自身はトレードマークだった鼻ピアスを外すなど「努力しているつもり」でしたが、当時の彼にとって急成長ベンチャーのCEOという役割は荷が重かったようです。

この続きを見るには
(2745文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。