在宅系介護の利益率は15%超!全国377拠点で介護サービスを展開する「ケア21」

2018年09月24日 20:00

今回取り上げるのは、大阪で介護サービスを展開する「ケア21」という会社です。

ケア21ホームページ

創業は1993年、大阪府吹田市で(株)ヨダゼミイーストとして学習塾の運営からスタート。

1999年には介護事業への事業転換とともに「ケアにじゅういち」に社名を変更、2000年4月より訪問介護ステーションを3拠点にて訪問介護事業の運営を開始しました。

2003年には現在の「ケア21」が社名となり、同年に「介護タクシー」の事業許可を取得。

同じく2003年、大阪「ヘラクレス」市場に株式を上場しています。


2005年3月には有料老人ホーム「たのしい家」を大阪府内に新設し、翌年には東京にも進出しました。

過去7年間の業績推移を見てみましょう。


売上高は252億円。6年前(2011年10月期)の101億円と比べると2.5倍の規模に成長しています。

利益率は高くないものの、直近で6.6億円の経常利益を稼いでいます。


今回のエントリでは、大阪で介護サービスを展開する「ケア21」の事業内容を軸に、介護サービスの事業環境について調べてみたいと思います。


「在宅系」「施設系」二つの形式で介護サービスを提供

ケア21の事業は、「在宅系介護」「施設系介護」「その他」の大きく3セグメントから成り立っています。

この続きを見るには
(3484文字 画像21枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード