Amazonやペンタゴンも顧客に抱えるサイバーセキュリティSaaS「Tenable」が新規上場

新規米国IPO6月〜8月上場まとめでピックアップした企業の中から、急成長中のサイバーセキュリティSaaS「Tenable」を取り上げます。

公式HP

Tenableは2002年、現CTOのRenaud Deraison氏によって設立されましたが、そのルーツはオープンソースの脆弱性検知ソフト『Nessus』にあります。

『Nessus』が最初に公開されたのは、Tenableが設立される4年前の1998年。

1998年はアメリカのOpen Source Initiativeが「オープンソース」を定義した年です。

『Nessus』はインターネット業界の大きな流れの中で発足したプロジェクトで、最初のバージョンをリリースしたのが、当時17歳の天才エンジニア・Deraison青年でした。

Deraison氏はセキュリティ企業「Solsoft」での勤務を経て、2002年にTenableを設立。

2005年に『Nessus』の商用利用をライセンス制へ変更し、ソースコードを非公開とします。

2008年から商用ライセンスの有償販売を開始し、2015年から定期課金によるサブスクリプションモデルを導入。

2018年7月にNASDAQへ上場しました。


この続きを見るには
(3480文字 画像26枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方