ストック売上が全体の8割超!日本初のネット企業「インターネットイニシアティブ」

今回は国内で初めてインターネットの商用接続サービスを開始した「インターネットイニシアティブ(IIJ)」について見ていきたいと思います。

創業者である鈴木幸一氏は1946年生まれ、神奈川県出身です。

早稲田大学文学部を卒業した後、日本能率協会に入社して新規事業開発などを担当していました。

1982年には日本アプライドリサーチ研究所の取締役に就任し、ベンチャー企業の育成指導や地域開発のコンサルティングを実施。


そんな鈴木氏のもとに日本でインターネットを商用化しようという話がきました。

当時、アメリカでは既に商用化が始まっていましたが、日本では“IT”という言葉すらなく、“ニューメディア”や“マルチメディア”などと呼ばれていました。

技術者しかインターネットを知らなかったので、「2000年頃には数千万人の利用規模になる」と書いた事業計画書を銀行に持って行っても「今までに聞いたことのないような大ボラだ」とまったく相手にされませんでした。

1992年に解体前のビルを間借りしてインターネットイニシアティブを創業しますが、それから1年8カ月もの間、郵政省(当時)からインターネットの商用接続に対する許可を得ることができませんでした。

インターネットは管理者がわからず政府の目が届かないコミュニケーションだったため、オープンな通信では商用に使えないと言われたそうです。

1993年にようやく、国内で初となるインターネット接続サービスの提供を開始。

当時はルータ専用機が非常に高価だったため、フロッピーでOSを起動させたPCに専用線を繋いでルータとして使用していました。

サービス内容ご案内”を見てみると、現在のスマホの速度制限がかかった時の速度(128kbps)で月額基本料75万円。

この続きを見るには
(3113文字 画像22枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

今回は「朝日ネット(証券コード:2782)」について見ていきます。彼らは中堅上場企業「NEXT1000」の中で、「従業員一人当たりの営業CF」で2位にランクインしている企業です。(参考記事) どのような企業なのでしょうか?

高品質インターネット回線を提供する「朝日ネット」朝日ネットの前身である株式会社アトソンは、1990年にパソコン通信を中心に事業を開始。2001年に朝日ネットに社名変更し光通信を開始。2014年から2018年まで5年連続でブロードバンドアワード部門で総合最優秀賞を獲得しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード