マニュアル管理SaaS『e-manual』の収益が飛躍的な成長!営業利益率も30%を超えた「グレイステクノロジー」

2018年10月01日 12:00

今回は企業のマニュアル制作を支援する「グレイステクノロジー」について調べたいと思います。

公式HP

創業者の松村幸治氏は1955年生まれの63歳。

小学生のころから英語に興味を持ち、小学校6年生にしてアインシュタインの『相対性理論』を英語で読んでいたそう。

1979年に翻訳会社「リングイスツ」へ就職し、製品マニュアルの翻訳などに携わります。

原文のマニュアルが分かりづらいことが多く、自身でマニュアル自体を書き換えてみることに。

これが思いのほかクライアントから評判が良く、事業化を決意します。

1984年に日本初のマニュアル制作専門会社「日本マニュアルセンター」を設立しました。

設立当初はIT業界にターゲットを絞り、日本IBMや日本HPのマニュアル受注に成功しました。

松村氏はマニュアル制作のノウハウを身に付けるべく、当時マクドナルドの社長だった藤田田氏に「管理マニュアルを見せてくれ」と懇願。

半年間毎日のように電話をかけ続け、ようやく閲覧を許可されたという逸話も持っています。


インターネットが急速に普及していた2000年、マニュアルの電子化を行なう「グレイステクノロジー」を設立

翌年にマニュアル閲覧ポータルサイト『e-manual』を開始します。

2008年に「日本マニュアルセンター」と経営統合。

この続きを見るには
(3880文字 画像28枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード