2017年の売上高20兆円弱!PBM(薬剤給付管理)サービスで売上を伸ばすアメリカの代表的薬局チェーン「CVS Health」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取り上げるのは、アメリカの薬局系小売チェーン「CVS Health」です。

創業は1963年のことで、ヘルスケアと美容商品を販売する小売店「CVS store」をマサチューセッツ州ローウェルに開店。CVSは「Consumer Value Stores」の略。

翌年には17店舗にまで拡大し、1967年には薬局を併設した店舗を運営開始。

1969年にCVSは「Melville Corporation」に事業売却されますが、その後も成長を続け、1970年には100店舗目を開店。

1972年には84店舗を有していた「Clinton Drug」を買収。店舗数を2倍近くに増やします。


その後も地道に他社の買収と店舗拡大をつづけ、現在に至るまで業績の成長を継続しています。


1999年の売上高は181億ドルほどでしたが、2017年には1847億ドルと、10倍以上にまで成長しています。

小売チェーンらしく営業利益率は6%前後と控えめです。

アメリカでは多くの小売店がAmazonに”ディスラプト”されることに戦々恐々としていますが、CVSはどのようにして生き残りを図っているのでしょうか。

今回の記事では、CVSの事業を整理した上で、同社の過去11年間の決算数値をまとめていきたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加