金融マンが愛用した「BlackBerry」の現在:ソフトウェア企業に転身して黒字化!

2018年10月07日

今回はかつてビジネスマンの間で大人気だった携帯端末「BlackBerry」の現在に迫っていきたいと思います。

公式HP

BlackBerryは1984年、「Research In Motion」という名前で創業されました。

創業者はカナダ・ウォータールー大学のMike Lazaridis氏とウィンザー大学のDouglas Fregin氏。

創業時はまだ二人とも工学部の学生で、Research In Motionは北米で初めて無線技術の開発に取り組んだ企業でした。

1990年、フィルムスキャン端末「DigiSync Film KeyKode Reader」を発表し、その2年後にスウェーデン発祥の無線技術「Mobitex」を活用した初の商用無線交換器を発売開始。

1996年に2者間メッセージ通信デバイス『Inter@ctive Pager』、1998年に『RIM 950 Wireless Handheld』と、立て続けに革新的なデバイスを発表します。

そして1999年、Eメールシステム『BlackBerry』の提供を開始

端末名というイメージが強いBlackBerryですが、実はもともとEメールシステムの名称でした。

『Wireless Handheld』と組み合わせることによって、モバイル端末から社内ネットワークへのアクセスが可能となります。

送受信が有線接続に限定されていた当時、外出先でもメールのやりとりができるBlackBerryはビジネスマンの間で大ヒットしました。

2002年に音声通話機能を搭載したモバイル端末『BlackBerry 6710』を発売し、以後はBlackBerryブランドでモバイル端末を展開していくこととなります。

2004年にBlackBerryのプラットフォームはアメリカ政府からセキュリティ認証「FIPS 140-2」を取得し、イギリスの政府機関も使用を開始。

オバマ大統領も長年のBlackBerry愛好家として知られていますが、2016年まではセキュリティ上の理由でアメリカ国家安全保障局からBlackBerry以外の使用許可が降りていなかったそうです。

セキュリティ性能の高さが評価され、金融機関やハイエンドなビジネスマンの間ではBlackBerryを持っていることがステータスにもなっていました。


しかし、スマートフォンの登場で状況は一変。

2013年に社名を『BlackBerry』に改めてブランド力の維持を図りましたが、キーボード搭載が大きな特徴だったBlackBerry端末ですが、iPhoneを筆頭とするスマートフォン勢に多くのユーザーを奪われてしまいました。 


業績推移を確認してみましょう。

売上高は199.1億ドルまで達した11/2期を境に減少を続けています。

18/2期の売上高は8.7億ドルで、7年間で20分の1となってしまいました。

直近の営業利益は2.8億ドル。

5年間続いていた赤字からの脱却に成功し、営業利益率は30.4%となっています。

2008年のリーマン・ショックと2011年以降の業績悪化というダブルパンチを食らい、時価総額は10分の1以下に減少しました。


ハードウェア製造から撤退し、ソフトウェア企業へピボット

BlackBerryは現在、事業セグメントを「ハードウェア」と「ソフトウェア&サービス」の2つに分類しています。

さっそく各セグメントの売上推移を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
ブラックベリー・リミテッド