創業6年でチェーン売上1,000億円を突破!日本を支えるコンビニ『セブンイレブン』創業の軌跡(後編)

アメリカのサウスランド社に派遣されたセブンイレブン・ジャパンの創業メンバーたちは、現地で夜ごとに集まって「学んだことを日本でどうやって生かすか」について議論を重ねていました。

全員が日本に戻ると、この議論はさらに活発になります。

多くのメンバーは、アメリカで学んだことに当初固執していました。

ところが「言い出しっぺ」の鈴木氏だけが、サウスランド社の方法をそのまま日本に適用できるとは限らないと考えていました。


アメリカの『7-ELEVEN』を換骨奪胎して日本に導入

日本とアメリカでは小売業や土地や品物など、あらゆる条件が異なっています。

アメリカでセブン・イレブンが発展した理由の「根本」を理解し、それを実験しながら日本で応用するというのが重要なことだと鈴木氏は主張しました。


中でも有名なのが、「あんまん・肉まん事件」と呼ばれているもの。

アメリカのセブンイレブンでは、ハンバーガーやサンドイッチなどのファーストフードを扱っており、いつでもすぐに温かい食べ物が食べられるということで人気でした。

それを日本でどうやるかという話になったとき、多くのメンバーは「そのままやればいい」と考えていたそうです。

その中で鈴木氏だけが、「いや、日本ではそれはあんまん・肉まん、寿司、おにぎりと解釈すべきだ」と言い出します。

今となっては当然のような気はしますが、他のメンバーは「そんなバカな」という顔をしていたそうです。

この続きを見るには
(3441文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
セブン&アイ・ホールディングス
Rj bwibf auwix4d1ugc0q

スライド3枚でざっと見る「セブン&アイ・ホールディングス」2019年2月期本決算

2019年04月05日 14:30

セブンイレブンを運営する「セブン&アイ・ホールディングス」の2019年2月期本決算が発表されました。

Znt6cls0y1cszxlgejdu5w

【永久保存版】宅急便はどのように普及したのか(前編)

2018年09月08日 18:00

今では当たり前のものとなっているクロネコヤマトの「宅急便」。