リクルートの積極的な海外M&A戦略の原資は?4年間の決算数値を図解!

2017年10月19日 20:19

今回は、国内の人材やライフイベント領域などで大きな存在感をもつリクルートHDについて取り上げます。

創業者の江副浩正氏は東京大学在学中に、学生新聞で広告枠の販売を始め、卒業後の1960年に「大学新聞広告社」を設立しました。

1963年には「日本リクルートセンター」に社名を変更し、"広告だけ"の本「企業への招待」や「就職ジャーナル」など、人材サービスを中心に事業を展開していきます。

1988年には「リクルート事件」が発覚し、江副氏も有罪判決を受け、経営から退くこととなります。

しかし、その後も住宅情報や旅行(じゃらん)、教育(ケイコとマナブ)、結婚(ゼクシィ)など、生活やライフイベントに関わるメディアを多数展開し、インターネット化やスマホ化の波にも負けずに発展を続けてきました。

2014年10月16日には東証一部への上場を果たし、いきなり2兆円もの時価総額となったことは記憶に新しいですね。現在の時価総額は4.5兆円と、さらに大きくなっています。


損益の推移

まずは、損益の推移を見てみます。

この続きを見るには
(2218文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード