2018年10月08日 12:00

新規制で中国市場が18倍に!Baidu元CTOが設立したスクーター版テスラ「Niu」が新規上場

電動スクーターを開発する中国のハイテク企業「Niu」のNASDAQ新規上場が発表されました。

公式HP

創業者のYinan Li氏は1970年生まれ。

15歳で華中科技大学に入学した天才児で、Huaweiのバイス・プレジデントやBaiduのCTOなどを経て2014年にNiuを創業しました。

Niuは中国語で"水牛"を意味しており、Li氏によるとその由来は「祖先の移動手段が水牛だったから」とのこと。

残念なことにLi氏は2015年にインサイダー取引の疑いで逮捕されてしまい、現在はPEファンド・KKR出身のYan Li氏がCEOを務めています。

参考

Niuは2015年6月に最初の製品ラインナップであるNシリーズを発売。

CMはかなり格好いいので必見です。

また、中国で初めてスクーター向けオンライン保証サービスの提供を開始しました。

2016年8月にはヨーロッパ進出を果たします。

2016年10月にNiuドライバーの合計走行距離が1億キロを超え、2018年4月には10億キロを突破しました。

中国国内での累計販売台数は43万台を超えています。


業績推移を見てみましょう。

上半期の売上は5.6億元(93億円)。

16/12期から17/12期にかけて売上が2倍以上増加しています。

営業利益は出ておらず、2018年上半期は損失が拡大しました。


モバイルアプリで17種類のステータスを管理

Niuが開発するのは、ガソリンではなくバッテリーを動力源とする「電動スクーター」です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
2018年05月14日 12:23

2ヶ月以内で週次5,000台目標!45万台超の予約を満たすべく奮闘する「テスラ」2018年Q1決算まとめ

生産キャパシティの拡大:2ヶ月後に週次5,000台を目指す
テスラのオートメーション戦略
その他のアップデート
発電・蓄電システム事業について
補足:四半期売上の推移をグラフ化

今回は、電気自動車メーカーとして常に注目を集めている「テスラ」の四半期決算についてまとめます。


今回のエントリでは、やたらと文字が多いテスラの四半期報告書から、重要なポイントをピックアップしていきたいと思います。

2019年01月19日 20:00

運転席に顔認証が搭載!?いま注目の中国EVメーカー6社まとめ

運転席に顔認証が搭載!?いま注目の中国EVメーカー6社まとめ
Byton:世界に衝撃を与えたロングディスプレイ
BYD(比亜迪汽車):バッテリーの会社から電気自動車に参入し世界一のEV販売台数に
BAIC(北京汽車):世界一売れた電気自動車BAIC EC-Series
Zhidou(知豆):都市向けに作られた小型電気自動車
Chery(奇瑞汽車):海外販売に強みをもつ中国自動車メーカー
Geely(吉利汽車):セダンの電気自動車を販売

前回まで電気自動車の定義や市場規模についてまとめました。

電気自動車の市場規模を調べるにあたって中国の電気自動車市場が圧倒的に大きいことがわかりました。

そこで今回は中国で勢いよく売れている電気自動車メーカー・ブランドをまとめていきたいと思います。

2019年01月20日 20:00

次世代自動運転EVなど!世界の電気自動車・電動二輪車まとめ

次世代自動運転EVなど!世界の電気自動車・電動二輪車まとめ
Karma Automotive:倒産するも中国企業に買収され復活を果たす
Fisker:Fisker氏が破産後、新たに創業したEVスポーツカー
Proterra:三井物産も出資するアメリカの電動大型バス
Gogoro:台北市内に1,000ヶ所以上の充電施設を展開する台湾発の電動スクーター
Zero:NASAのエンジニアによって創業された電動バイク
Ather Energy:Flipcart創業者も出資するインドの電動バイク
GOVECS:欧州の電動スクーター市場は75億ユーロに拡大予定

前回まで電気自動車の業界まとめ中国の電気自動車メーカー6社を特集しました。

今回は世界で注目されている電気自動車・電動二輪車メーカーを特集していきたいと思います。

まず最初に電気自動車の市場規模から見ていきます。

2019年01月18日 20:00

中国の勢いが止まらない!いま注目されている電気自動車の業界まとめ

中国の勢いが止まらない!いま注目されている電気自動車の業界まとめ
電気自動車はモーターを動力源とし、ガソリン車はエンジンを動力源としている
EVには4種類あり、それぞれ長所短所が存在
環境に良くて燃料費が安く済むが、航続距離が短い
急速充電は14時間かかる充電時間を30分に短縮可能
中国企業が電気自動車の販売台数トップ3を独占
中国で実施されているNEV規制・ナンバープレート規制

近年、各国の排気ガス規制や環境問題によって電気自動車への注目が高まっています。

今回は電気自動車がなぜそのように注目されているのかまとめていきたいと思います。

2019年01月02日 07:00

電動自転車が20%増収!「すべり台」から始まった自転車ショップ「あさひ」

電動自転車が20%増収!「すべり台」から始まった自転車ショップ「あさひ」
最初は「すべり台」の製造からスタート。18/2期の売上高は536億円
直営のコンセプトショップを拡大。スポーツ&電動自転車が売上の30%超に
売上原価率は50%前後で推移。時価総額は382億円
21/2期の売上目標は660億円(3年間のCAGR: 7%)。スポーツブランドを強化

今回ピックアップするのは自転車ショップ「あさひ」(証券コード: 3333)です。

公式HP

最初は「すべり台」の製造からスタート。18/2期の売上高は536億円