中国市場の75%以上を支配!巨大音楽サービス企業「Tencent Music」がIPO申請

中国最大の音楽サービス企業「Tencent Music Entertainment」がアメリカ証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出しました(市場は未指定)。

公式HP

Tencent Musicは2003年、テンセントが提供するSNS『QQ』のオンライン音楽再生機能としてスタート。

2005年、『QQ Music』として独立したサービスとなりました。

(『QQ Music』)

2014年にはオンラインカラオケサービス『WeSing』を開始します。

そして2016年、テンセントは同じく音楽配信サービスを提供する「China Music」を買収。

音楽サービスを提供する企業グループとして新たに「Tencent Music」を設立しました。


直近2年間の業績推移を見てみましょう。

17/12期は109.8億元(1,821億円)と前年から大幅な増収。

2018年上半期もすでに86.2億元(1,430億円)を売り上げています。

16/12期は営業損失を出していましたが、17/12期は黒字化を達成。

営業利益は12億元(199億円)となりました。


投げ銭の売上が3倍以上に増加

Tencent Musicは中国国内で音楽サービス4ブランドを展開しています。

『QQ Music』と『WeSing』はテンセント自身が立ち上げたオリジナルのサービスです。

『Kugou(酷狗=Cool Dog)』と『Kuwo(酷我=I'm Cool)』はChina Musicの買収によって2016年7月からTencent Musicグループに仲間入りしました。

それぞれのサービス内容を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加