10月に新規上場する国内企業7社の事業内容と業績まとめ!

国内における10月の新規上場企業のうち7社についてザクっとチェックしていきたいと思います。

上場する企業は全部で18社ありますが、テクニカル上場した9社は除いています。

テクニカル上場とは持ち株化やホールディングス化などの組織の再編成により新規上場することです。 

また、残り9社のうち「ギフト」と「プリントネット」についてはすでにまとめています。

横浜家系ラーメン「町田商店」などを提供する『ギフト』が新規上場

50年前に鹿児島の馬小屋で創業!ラクスルとの提携で成長する印刷通販「プリントネット」が新規上場


【法人営業支援】ブリッジインターナショナル

最初に取り上げるのは法人営業の支援を行なっている「ブリッジインターナショナル」です。

ブリッジインターナショナル

1983年、創業者である吉田融正氏は日本IBMに営業として入社。

仕事ぶりが認められ、副社長の補佐(=幹部候補生)として帝王学を学んだり、米国本社への出向など出世街道まっしぐらでした。

しかし、「事業を立ち上げて経営のプロになっていく」という米国流の考え方に刺激を受け、1997年に退職して米国シーベル・システムズ(2005年にオラクルが買収)に入社します。

シーベル・システムズでは日本法人の立ち上げを行い、2002年にブリッジインターナショナルを設立。

新規上場のための有価証券報告書

ブリッジインターナショナルでは訪問型営業(Field Sales)にインサイドセールス(Inside Sales)を導入するためのコンサルティングサービスやアウトソーシングなどを提供しています。

インサイドセールスとは直接訪問することなく電話やメールなどで営業活動を行う手法です。

売上高は2017/12期で27.9億円と堅調に増加しています。

経常利益は3億円ほどで、経常利益率は10.7%です。

10月3日に上場しており、時価総額は97億円です。


【人材派遣】CRGホールディングス

続いては人材派遣などを行なっている「CRGホールディングス」です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加