2018年10月11日 12:00

中国での中古車ECシェア40%!ローン仲介で売上爆増の中古車ECプラットフォーム「Uxin」

今回は中国で中古車ECサービスを提供する「Uxin」について取り上げます。

公式HP

創業者は北京出身のKun Dai氏。

カーディフ大学でMBAを取得し2005年に中国初のオンライン中古車サイト『CarResume.com』を開発。

Bitauto」での勤務を経て、2011年に法人向け中古車取引サービスを提供するUxinを創業しました。

2015年に個人向け中古車EC『Uxin Used Car』をスタート。

2018年6月にNASDAQへ上場しました。

中古車EC市場ではトップシェアを誇っており、現在は270都市以上に670もの店舗を構えています。


業績推移を見てみましょう。

業績が急速に拡大しており、2018年上半期は13.2億元(215億円)の売上。

17/12期は前年から売上が倍増しています。

営業利益は出ておらず、損失額は売上高を上回っています。


個人向けサービスの売上が3倍増

Uxinが手がける中古車ECサービスは、法人向けの『Uxin Auction』と個人向けの『Uxin Used Car』に分かれています。

いずれもマーケットプレイス型のビジネスモデルとなっており、Uxinは取引の場を提供。

購入代金の一部を取引手数料として徴収するのが収益の一部です。

それぞれのサービスをチェックしていきましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア EC Uxin Limited
2018年10月12日 12:00

自動車も自販機で買う時代!売上が倍増し続けるアメリカの中古車EC「Carvana」

購入した自動車は自販機で受取可能
1年半で店舗数が3倍以上に増加
上場から株価は2.5倍に
中古車市場は上位100社合計でもシェアわずか7%

先日NASDAQに上場した中国の中古車EC「Uxin」に続いて、今回はアメリカで同ジャンルの事業を展開する「Carvana」について取り上げたいと思います。

IRトップページ

2018年10月19日 12:00

農業機械の買取が急増!ニッチ商材で成長する「マーケットエンタープライズ」

30種類以上のジャンルで個人向けに買取
新規事業の売上が6倍以上に増加
仕入増加に伴って売上原価率が上昇
ニッチ商材と新規事業で売上20%成長を目指す

今回はWeb上で中古品の買取や販売を行なう「マーケットエンタープライズ」について取り上げたいと思います。

公式HP

2018年11月26日 20:00

業績回復のカギは販売モデル改革にあり!『ガリバー』を運営する中古車業界の巨人「IDOM」

業績回復のカギは販売モデル改革にあり!『ガリバー』を運営する中古車業界の巨人「IDOM」
事故車回収サービスで破産するも、中古車の仕入販売で借金を返済。業界のイメージを払拭するためにガリバーを創業
中古車の在庫保有は2週間という「鉄の掟」。販売店舗のマルチブランド戦略が奏功し、小売販売台数が卸売を逆転
豪州事業が海外売上を牽引(448億円)も、営業赤字が続く
18/2期のFCFは27億円のプラス。現在の時価総額は567億円
小売販売台数14万台を掲げ、店舗拡大に積極投資。個人間カーシェア『GO2GO』も発表

今回は『ガリバー』等を運営する中古車業界No.1の「IDOM」(証券コード:7599)についてまとめていきます。

公式HP


2019年01月08日 12:00

市場規模は19.8兆円に拡大!中国で車の展示会を運営する「TuanChe」が新規上場

市場規模は19.8兆円に拡大!中国で車の展示会を運営する「TuanChe」が新規上場
TuanCheを設立する以前に6社もの会社を創業
展示会を通して車メーカーと消費者をマッチング
展示会の開催数が増加(24回→304回)、取扱車両数も増加(1.1万車両→2.1万車両)
販促費率が大幅に改善(116.5%→62.3%)、現預金は1.5億元(全体の58%)
車両販売の市場規模:2017年の0.17兆元→2022年には1.23兆元にまで拡大

今回は11月20日にナスダックに上場した「TuanChe」(ティッカーシンボル:TC)をまとめていきたいと思います。

TuanChe

TuanCheを設立する以前に6社もの会社を創業

2018年12月10日 12:00

事故車両の市場でシェア率40%!事故車両専門のオークションサイトを運営する「Copart」

事故車両の市場でシェア率40%!事故車両専門のオークションサイトを運営する「Copart」
18/7期の売上は18億ドル。営業利益は5.8億ドル。
事故車両のオークションサイトを運営。サイトの運営手数料で15.8億ドルを稼ぐ
事故車両を扱う市場でシェア率40%。
事故車両の保管拠点の管理費が47%を占める。営業CFはプラスを推移し、18/7期は5.4億ドル。
自動運転化が進んでも事故車両はなくならない

今回は、事故車両(交通事故や自然災害などにより壊れた車)のオンラインオークションプラットフォームを運営する「Copart」(ティッカーシンボル:CPRT)についてまとめていきます。

18/7期の売上は18億ドル。営業利益は5.8億ドル。

創業者であるWills j Johnsonは1948年生まれ。