中国での中古車ECシェア40%!ローン仲介で売上爆増の中古車ECプラットフォーム「Uxin」

2018年10月11日

今回は中国で中古車ECサービスを提供する「Uxin」について取り上げます。

公式HP

創業者は北京出身のKun Dai氏。

カーディフ大学でMBAを取得し2005年に中国初のオンライン中古車サイト『CarResume.com』を開発。

Bitauto」での勤務を経て、2011年に法人向け中古車取引サービスを提供するUxinを創業しました。

2015年に個人向け中古車EC『Uxin Used Car』をスタート。

2018年6月にNASDAQへ上場しました。

中古車EC市場ではトップシェアを誇っており、現在は270都市以上に670もの店舗を構えています。


業績推移を見てみましょう。

業績が急速に拡大しており、2018年上半期は13.2億元(215億円)の売上。

17/12期は前年から売上が倍増しています。

営業利益は出ておらず、損失額は売上高を上回っています。


個人向けサービスの売上が3倍増

Uxinが手がける中古車ECサービスは、法人向けの『Uxin Auction』と個人向けの『Uxin Used Car』に分かれています。

いずれもマーケットプレイス型のビジネスモデルとなっており、Uxinは取引の場を提供。

購入代金の一部を取引手数料として徴収するのが収益の一部です。

それぞれのサービスをチェックしていきましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
中国・アジア EC Uxin Limited