2018年11月12日 07:02

東インド会社が源流!香港を牛耳るコングロマリット「ジャーディン・マセソン」の全貌に迫る

今回取り上げるのは香港に拠点を置く「ジャーディン・マセソン」です。

公式HP

2018年9月に上場した「テノ.ホールディングス」池内比呂子社長の経歴に「ジャーディン・マセソン」という見慣れない企業名があり気になって調べてみると、驚くことにその源流はイギリス東インド会社にあるといいます。

彼らはアヘン戦争にも深く関わっていたとか。

今回は設立から170年以上が経った今もなお強大な影響力を持つ巨大企業「ジャーディン・マセソン」の全貌に迫っていきたいと思います。


アヘンを密輸する貿易商社として設立

ジャーディン・マセソンは1832年、Scots William Jardine氏とJames Matheson氏の2名によって中国・広東で設立されました。

東インド会社による中国貿易の独占状態が終わった後、イングランドへ茶の輸出を開始します。

Jardine Matheson Group History

同時にアヘンの密輸も行なっており、ジャーディン・マセソンのロビー活動がアヘン戦争勃発の引き金になったとされています。

ちなみに、彼らが香港で稼いだ資金をイギリスへ送金するために設立されたのが「香港上海銀行(HSBC)」です。

アヘン戦争終結後に香港へ本社を移転し、上海にもオフィスを設立して貿易事業を本格化させました。


1854年に日英和親条約が結ばれると、日本への進出も開始しています。

横浜で日本初の外国商業会館をオープンしたのはジャーディン・マセソンで、幕末に活躍したトーマス・グラバーも社員の一人です。

グラバー園

グラバー氏は1862年にジャーディン・マセソンの長崎代理店として「グラバー商会」を設立。

世界遺産にもなっている「グラバー園」はもともとジャーディン・マセソンの事務所だったようです。


1876年に中国初の鉄道を建設し、紡績業や炭鉱での石炭採掘をはじめとする資源事業も強化。

不動産開発とインフラ整備によって中国での支配力を高めていきましたが、第二次世界大戦後に中華人民共和国が設立されると中国本土にある支店は全て閉鎖に。

本社である香港オフィスのみが存続できる状態となりました。

ジャーディン・マセソンは資源輸出入が中心のビジネスから構造転換に着手し、1963年に高級ホテルチェーン「マンダリンオリエンタル」をオープン。

香港初の商業銀行「Jardine Fleming」(2000年にJPモルガンが買収)設立に携わり、イギリス国内で保険会社を買収して金融事業を開拓していきます。

メルセデス・ベンツの販売代理店「Zung Fu」を買収して自動車市場にも参入。

セブンイレブンの香港上陸(1981年)に携わったのもジャーディン・マセソンです。

1990年代後半のアジア通貨危機をきっかけに、シンガポールやインドネシアなど東南アジア各国へ次々と進出していきました。

現在はWilliam Jardine氏の末裔であるSir Henry Keswick氏が会長を務めており、世界各地で44万人の従業員が勤務しています。

グループ全体の売上高は395億ドルで、投資資産の公正価値(Change in fair value of investment properties)を考慮した営業利益は82.9億ドルほど。

営業利益は21.0%まで上昇しており、2013年以降は収益性が高まっています。


投資部門の売上が全体の80%以上

多様な事業を展開するコングロマリットであるジャーディン・マセソン・グループは、大きく2つの企業体で構成されています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア
2017年10月03日 14:48

M&Aによってわずか30年以内に世界最大の広告代理店グループとなったWPPグループとは

WPPグループの歴史
マーチン・ソレル氏とは
WPPグループの業績
地域ごとの売上割合
部門ごとの売上割合
自己資本比率の推移
資産内訳の推移
負債内訳の推移
FCF(フリー・キャッシュフロー)

昨日からアサツーディケイばかり見ていますが、ここら辺で世界最大の広告会社である、WPPグループについてまとめておきたいと思います。

WPPグループの歴史

1971年に設立されたイギリス企業「Wire and Plastic Products」は、当初はワイヤー製買い物カゴのメーカーとして事業を展開していました。

2018年06月02日 17:23

木材取引から開始!グッチやプーマ、サンローランを抱えるファッション・コングロマリット「ケリング」

現在の事業内容
グッチの恩恵?成長の理由
ラグジュアリーブランド事業への注力
財政状況

今回は、フランスのファッション・コングロマリット企業「ケリング(Kering)」についてご紹介します。 

ケリングの創業者は、現在の会長兼CEOであるフランソワ=アンリ・ピノーの父、フランソワ・ピノーです。

2018年11月05日 12:00

中国小売以外が加速して54%増収!アリババグループ2018年度2Q決算まとめ

四半期売上は851億元(1.4兆円)で54%の増収
「コアコマース」が725億元、「クラウド」が57億元に売上拡大
「中国小売」以外の成長が大きく、売上構成が分散
メインの広告事業の売上成長は減速
ユーザー数の増加率もゆるやかになりつつあり、MAUは6.7億人、アクティブ顧客数は6億人
「New Retail」への投資でキャッシュフローは減少、売上原価率は56%に拡大

中国のインターネット企業「アリババグループ」の2018年度2Q決算が発表されました。

四半期売上は851億元(1.4兆円)で54%の増収

2018年12月21日 12:00

「十五大財閥」はどのようにデカくなったのか!各財閥のルーツまとめ(前編)

「十五大財閥」はどのようにデカくなったのか!各財閥のルーツまとめ(前編)
三菱財閥:海運業を起点に事業を多角化。大正以降は重化学工業路線へ。
住友財閥:大阪の豪商「泉家」が前身。銅山経営により巨万の富を得る
三井財閥:ビジネスマン「三井高利」により創設。井上馨の恩寵により「三井銀行」「三井物産」を創業
安田財閥:銀行家の安田善次郎が創設。金融業を中心に拡大していく

第二次世界大戦後、GHQにより財閥解体を受けた十大財閥に五つの財閥を加え、これらを十五大財閥と総称します。 

現代企業の多くは、いずれかのグループに所属していることが多く、彼らのルーツを紐解く上で財閥の存在は免れられません。

今回のエントリでは十五大財閥のルーツやどのように大きくなったかについて、財閥解体以前までをまとめていきます。

2019年01月24日 12:00

創業わずか5年でシェア2位に!香港版「成城石井」を展開する「Best Mart 360」が新規上場

創業わずか5年でシェア2位に!香港版「成城石井」を展開する「Best Mart 360」が新規上場
創業わずか5年で売上150億円を突破
香港だけで85店舗を出店し、売上シェアは2位
時価総額は191.5億円
香港の日用雑貨市場は4,450億円規模

先日、香港で輸入食品店を展開する「Best Mart 360」が香港市場へ新規上場を果たしました。

上場目論見書

創業わずか5年で売上150億円を突破