卸売から小売業への転換に成功し、成長してきたABCマート

2017年11月29日 16:29

今回は靴の小売チェーンとして有名なABCマートについてまとめます。

輸入販売商社として創業

ABCマートは1985年に靴と衣料の輸入販売商社「国際貿易商事」としてスタートしました。

翌年にはイギリスの靴ブランド「HAWKINS」の国内総代理店となります。

ABC-MARTの出店と小売業へのシフト

1990年には(有)エービーシー・マートを設立し、上野アメ横、渋谷に『ABC-MART』を4店舗出店します。

1991年にはVANSの国内総代理店となりますが、初期は卸売業者としての事業が中心だったようです。

1994年にはVANSの国内商標使用契約を結び、翌年にはHAWKINSの商標権を取得するなど、海外ブランドの「自社ブランド化」を進めます。


2000年にジャスダックに株式を上場すると、2002年にエービーシー・マートを吸収合併、卸売から小売への転換を始めます。社名もエービーシー・マートに変更。

この続きを見るには
(2311文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード