2018年3Q決算コールからSnap社CEOエヴァン・スピーゲルの思考を探る

2018年11月07日 12:00

2017年3月に株式上場した時には大きな注目を集めたSnap社。

Shutterstock

ですが、今でも黒字化への道のりは遠く、株価もずっと右肩下がりです。

1年前までは「エヴァン・スピーゲルはすごいやつだから、Snapは買いだ」と言う方も多くいましたが、最近はそう言う方もめっきり減りました。

しかし、みんなが注目しなくなった頃にこそ投資チャンスは訪れる(こともある)ものです。

SnapchatのDAU(1日あたりのアクティブユーザー)は減少気味ですが、それでも1.85億人。

TwitterのMAU(1ヶ月あたりのアクティブユーザー)は3.25億人ですが、DAU/MAU比率は50%を「優に下回る」と発表されています。

つまりTwitterのDAUは1.6億人に及ばないというわけで、DAU自体はまだまだSnapchatの方が多いことになります。

この続きを見るには
(6456文字 画像16枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方